熊本の方言(熊本弁)

 参考になるメールが次々、2007年以降のものを分割し「メールその3」を作成しました。2004年9月以前のはメールその1、2006年以前のはメールその2に!

頂いたメール その3(2007年以降)

熊本弁について、様々なご意見・アドバイス・問い合わせ・激励のメールを頂いています。
部分的に割愛し、実際のメールとは異なるところもありますが
参考の為、一部を紹介させていただきます。
2007年以降の分

 はじめまして。今年大学に進学し、熊本を離れたものです。貴HP、大変面白く読ませていただきました。さて、熊本弁の面白さに気づいて、文学部にて言語学を専攻しようかと思っているのですが、熊本弁は標準語より発達した言葉だと思っています。(もちろん言葉の優劣の問題ではありませんが) 例えば、標準語の「〜している」は、熊本弁だと「〜しとる(しちょる)」「〜しよる」の二つに分かれます。つまり標準語では完了形と進行形の区別がないのに対し、熊本弁では「とる」が完了、「よる」が進行と使い分けています。(最近はあまり使い分けられていなくなってきているようですが)熊本弁のほうが明示的である分、発達したものだといえると思います。
 ところで、ずっと考えているのですが「まご」「だご」「ばご」の違い、使い分けってどうなんでしょうか?語源を考えてみると「まご」は「まうごつ」でしょうから何かしら正の感情の時に使う、と考えていますが、「だご」「ばご」に関してははっきり浮かびません。貴HPでは、「だご」について>ダゴ、ダゴンゴツ 団子/とても、大変 ダゴジュル(団子汁)、ダゴキチー(とってもきつい)としてありますが、私は「だご」に続く形容詞に「あちー(暑い)」が多い気がして「うだるっごつ」(うだるように)からとも考えました。「ばご」についてはいまいちよくわかりません。どうなんでしょう?
 つまらないことをたらたらと書きましたが、何か参考になれば幸いです。
 「〜しとる(しちょる)」と「〜しよる」、熊本弁は完了形と進行形を使い分けているんですね、勉強になりました。「まご」「だご」等についても、「なるほど!」とうなずくばかりです。私たちももっと考えてみたいと思います。さすがに言語学を専攻されようとされる方だと感心させられます。ありがとうございました。「ばご」とは初耳だったのですが、「ばかうごつ」からでしょうか?今思いついただけで、全く自信ありません。何せ、国語を苦手としている私たちです。今後も、アドバイスやご指導、よろしくお願い致します。(2007/05/05)
 大したことじゃないんですが、うちで使っている熊本弁で田舎者のことを「じゃごんべえ」と言っています。おばあちゃんたちが普通に使っているので、多分ちゃんとした熊本弁だと思います。載ってなかったのでメールしてみました。
 使い方としては「おっどんなじゃごんべたい」とかでしょうか?
 色んな熊本弁のサイトを見てみましたけど、載ってないんですよね…。我が家は生粋の熊本人なんで、間違ってはいないと思うんですが(;´Д`A ```
 あと全然余談なんですが、子供向けのアニメで「ケロロ軍曹」というものがあるんですが、そのアニメではかなりの率で「熊本名物いきなりだんご」が出てきます!超人気アニメで若い人ならかなりの知名度です! 主人公(カエルの宇宙人という設定なんですが)もたまに熊本弁をしゃべっています。そのお父さんはいつも熊本弁寄りな九州弁を喋っていて、すごく面白いです。全国ネットで放送されている超人気アニメで熊本がアピールされているのはかなり嬉しいことだと思います!多分全国の子供が「いきなりだんご」を知っているはず(o^∇^o)ノ(2007/05/16)
 熊本弁「じゃごんべえ」やアニメ「ケロロ軍曹」の情報、ありがとうございました。ジャゴンベエは全く知りませんでした。周囲に尋ねたところ、少数でしたが知ってる方も。バッテン荒川さんの一座の名前に似たようなのがあったとも。熊本弁単語一覧へも追加させていただきたいと思います。熊本弁をはじめ、イキナリ団子等の郷土熊本の事物が、いいイメージで紹介されることは本当に嬉しいものですね。今後とも、よろしくお願いします。
 以前ご意見させていただいた者ですが、また一言愚見を述べさせていただきたいと思います。現在、大学の文学部におりますので、友人たちと話しているときに言語についての話になったりします。そのときに気づいたのですが、九州外の人の認識にはあまり「熊本弁」というカテゴリはないようで、「九州弁」というカテゴリに総合されているようです。九州弁のカテゴリのなかで認識されているのは「博多弁」くらいです。もちろん九州人からしてみれば熊本弁、鹿児島弁、博多弁、佐賀弁など別々に考えることの方が普通でしたので、少し驚きました。(「とっとっと」などは、テレビでタモリなどが使うからでしょうか、博多弁だと思っている人がけっこういました。これこそまさに九州弁ですよね。
 余談ですが、博多弁ってえらく範囲のせまい方言ですよね。博多って福岡市の一部でしょう。博多弁って言った場合、この「博多」はどこらへんまでの地域を言うんでしょうか?)
 しかしながら、自分の認識を考えてみれば、九州以外の方言では関西弁、東北弁というぐあいですし、関東地方にも方言がある、ということはあまり考えてすらいませんでした。自分の認識も改めなくてはなりませんが、でもやはり熊本弁を話す人間としては、「熊本弁」として認識してほしいとも思うもので、貴HP等の活躍により熊本弁の言語的アイデンティティが確立されることを切に願います。

 さて、これも友人との会話の中の話なんですが、私が「今、授業がありよる。」って言いかけて、熊本弁じゃ伝わらないと思い「今、授業があっている。」って言ったんですが、それでも通じなかったんですね。よくよく考えてみれば「ある」って状態動詞ですから進行形にはならないはずですよね。で、調べてみたら「あっている」は西日本方言だそうで、これは結構有名な事実だそうです。(ためしに「会議があっている」とgoogleで検索してみたら、熊本県や福津市(福岡県)、諫早市(長崎県)、佐賀市役所などのHP、ある熊本県民の方のブログ等がヒットし、やはり主に九州で使われているようです。)標準語だと思っていたら熊本弁だった、というのは結構ありましたが、熊本弁を標準語になおしたつもりがまだ方言だった、という体験は初めてでしたので面白かったです。長々と書いてしまいました。何か参考になれば幸いです。活動、がんばってください。(2007/05/17)
 ありがとうございました。九州弁は熊本弁を含む肥筑方言と、豊日方言、薩隅方言等に区分できるかと思いますが、九州外の方には九州内の方言の違いは理解できないかも知れませんね。ドラマやアニメ等で出てくる熊本弁は、微妙に違っていることが多いようです。私たちも、東北弁や関西弁に対して同じような感覚があるかと思います。今後、九州方言の中での熊本方言の特徴等を調べてみることも大切ですね。ところで、「今、授業があっている」の「あっている」が方言だったとは。私は「ありよる」や「あっとる」なら方言だが、「あっている」なら共通語かと。語尾を直すだけで、共通語になると勘違いしていたようです。お恥ずかしい。皆様からの情報やアドバイスが頼りです。今後ともよろしくお願いします。
 すごい充実度ですね、たいへん役にたちました。「あいた」=おっ!?・おや?(何かが起きてしまったかな!?)「あいたいた」=やるじゃないか・とうとうやってくれたか・あ〜あ なんてのもあります。(2007/06/15)
 情報、ありがとうございます。発音の仕方やその場の雰囲気が微妙な意味を付加するような言葉ですね。同じ言葉でも、時と場所、言い方によって様々な意味を持つものですね。ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
今、岐阜に住んでいますが、熊本に住んでいる時に(元々、熊本出身です)、仕事場に福岡から取引先が尋ねてきた時の話です。

友人『此方に来る時にお婆さんに道を尋ねたのですが、熊本弁って丁寧ですね。感心しました。』
私『??丁寧??とんでもない、乱暴ですよ。』
友人『いえいえ、ものすごく丁寧ですよ。』
私『例えば??』
友人『お婆さんが方角に様(さん)をつけて教えてくれたとです。こん道ば北さん2キロばかり行って、右さん曲がって、ず〜っと行くと太か家でござるけん、すぐ解りますばい。・・・と言う具合に方角にまで、さん(様)をつけて説明してくれました』
私:爆笑『その”さん”は様では無くて、”へ”の意味ですよ。北”へ”2キロばかり行って、右”へ”曲がってず〜っと行くと”大きな太か家ですから”、すぐ解ります”よ”。・・・と言う言い方の方言です』と説明。
方言は温かみがありますね。(2007/08/31)
 熊本弁情報、ありがとうございました。北サン、山さん、アッチサンなどの「サン」、東北弁のドコサイクベの「サ」と同じく、方向を示す格助詞ですね。確かに、初めて聞く人は、敬意を表す接尾語と勘違いされ、驚くかも知れませんね。いただいた文章、本校のWEBに利用させてください。今後ともよろしくお願い致します。
はわくこんにちは。昨日友達と熊本弁の話をしていてどうもいろいろ知りたくなってこのHPを見ました。何気にいつも話している言葉でも文字にするとおもしろいですね。それを棒読みした自分にも笑ってしまいました…
子供の頃、関東にいる伯父一家が帰省したとき、伯母は関東育ちですのでほぼ標準語です。伯母から『そこはいといてね。』と言われ私には???そうです、まさしく私も『はわく』は標準語だと思っていました。『掃く』なんですよね。
逆に就職で関東に行った私の弟。後片付けをする時に先輩に一言、
『あ、俺がなおしときます!』
先輩慌てて『え?まだどっか修理終わってないとこあるのか?!』と…
20歳にして『ねぇちゃんなおす瓩熊本弁て知らんかった!』
爐呂錣瓩汎瑛有爐覆す瓩睇現犖譴世箸曚箸鵑匹慮民のみなさんそうおもってるでしょうね!
私は葦北に住んでいます。おそらく葦北だけだと思いますが、『〜ち』を使います。他の地区では『〜て』でしょうか?
例−お母さんが行って良か爐銑畍世Δ燭韻鵝
   こら何爐銑畍世Δ函 そらデコポン爐銑畍世Δ箸燭ぁなどです。
学生の頃葦北以外の同級生からよく指摘されました。それにお食事中ならすみませんが『うん』(Yesの意)の場合は『うんち言うた』になるのです…
でもこれは使用頻度が高いんです。県北や熊本市内とはほとんど違うイントネーションだと思いますので調べて見られると面白いと思います。県北の方から見ると葦北・水俣は鹿児島のイントネーションなんだそうです。しかし私たちはまったく違うものにしか聞こえませんからね(笑)

 ありがとうございました。熊本弁と標準語の区別がつかない熊本人は結構いますね。私も同じです。「〜ち」は「〜て」の変化でしょうか、葦北のほうでは「〜ち」が一般的なんですね。また「〜てち」ともいいますね。標準語では「〜と」でしょうか。「〜ち」「〜て」「〜てち」「〜と」がどう変化していったのかも興味深いですね。また、「〜ち」「〜て」「〜てち」の使用分布を調べるのも面白そうです。イントネーションは県北ではあまり目立たないので、県南と鹿児島と区別がつかないところがあるのかも知れませんね。本校の芦北出身の先生の話では「イントネーションは水俣と芦北も違う、水俣のほうは鹿児島に近く、芦北は天草に近い」とも話されていました。昔は山を越える水俣より海を渡った天草との交流が多かったということでしょうか。昔の交流圏が方言の分布で分かるのかとも思われます。本校の別ページで、「熊本の方言は東西より南北のほうが言葉の違いが大きい、理由は川」と書いていたのですが、川の流れに平行して山があります。川より山のほうが影響は大きいようですね。書き直さなければと思っています。ありがとうございました。(2007/10/26)
私は中学3年生の熊本っ子です。今は父の仕事関係で千葉にいます。実は去年の冬、同級生が熱心に裏紙に書いているのを見てなーんばしよっとだろか。っち思いよったんです。そしたら、ドアにその紙を貼り付けたんです。書いてあった言葉が
しめてね!”とかいてあってわけがわかりませんでした。
こん人シメられたいつかあ?ひょっとして・・・こらマゾばい!こわっ!と思いました。
次の休み時間にトイレに行きたいなーと思って、癖でドアを開けっ放しで出て行ったんです。そしたらそのマゾに
「ちょっと、ここに私が“しめてね!”ってかいたでしょ!」
と言われ、私は
「しめるって・・・何を?」と聞くと
「だーかーらー。ドア閉めろ!」
「ドア閉めるって・・・・・・ああ、“あとぜき”ね!」
こっちの人間ってふっつーにドア閉めろって言うとかー。と思いました。

 ありがとうございました。私たち熊本人にとっては「しめてね!」のほうが解りにくいばかりか、物騒な言葉にも聞こえますね。「あとぜき」が全国に通用するようになれば良いですね。県内に居ては気付かないことが多い私たちです。県外におられる熊本人からの情報、本当に参考になります。今後ともよろしくお願い致します。ところで、本サイトでは今年から「あとぜき」キャンペーン「あとぜき徹底で、地球温暖化防止!」を展開しています。(2008/01/29)
突然のメールで失礼します。私、埼玉に住んでいる○○と申します。熊本出身の友人の結婚式の余興の一部で、熊本弁を利用してDVDの映像を作成しようとしています。そこで、熊本弁のサイトを見ていたらここにたどり着きました。もしよろしければ、お手伝い願いたくメールさせてもらいました。以下のコメントを熊本弁にしていただけたら、幸いです。(このコメントは元彼が新婦(ゆき)に送るメッセージという設定で作成しています。また、途中に出てくる奈緒は元彼の奥さんという設定です。)
 ---------------------
びっくりしたよー
ゆきちゃん。 結婚かぁ
最初聞いたときは
「うそだぁー?えっ?うそだぁー?」って何度も言っちゃったよ
俺のことはもう忘れた?俺はまだゆきのこと忘れられないよ。
あはぁっ。 奈緒には内緒だよ。
初めて会った時はこんな顔だったけど、きっと今日は綺麗なんだろうな。
部屋、散らかっていたなぁ これからは綺麗にするんだよ!
ボクともまた遊んでくださいね。
また連絡しまーす。
 ---------------------
つまらない内容でお手間取らせてスミマセン。よろしくお願いいたします。
以下、翻訳してみましたが、適当かどうか?
> びっくりしたよー
タマガッタバイ
> ゆきちゃん。 結婚かぁ
ユキチャン 結婚スットー
> 最初聞いたときは
ハジメチ キイタトキャー
> 「うそだぁー?えっ?うそだぁー?」って何度も言っちゃったよ
「ウソダロ エッ ウソタイ」チ ナーンベンモ ユータツバイ
> 俺のことはもう忘れた?俺はまだゆきのこと忘れられないよ。
オンノコツァ ワルレタツナ オラ マーダ ユキンコツア ワスレキランバイ
> あはぁっ。 奈緒には内緒だよ。
アハッ 奈緒ニャ  内緒バイ
> 初めて会った時はこんな顔だったけど、きっと今日は綺麗なんだろうな。
ハジメチ オウタトキャ コギャン顔ダッタバッテン、今日ハ タイギャ ウツクシカロネ
> 部屋、散らかっていたなぁ これからは綺麗にするんだよ!
部屋ン チラカトッタバッテン コルカラ 綺麗ニ(or ウツクシュ) セナンバイ
> ボクともまた遊んでくださいね。
オットモ マタ アソンデハイヨ
> また連絡しまーす。
マタナー
以上です。意訳気味のところも。(2008/02/08)
からっていきます はじめまして。私は、熊本出身のNY在住の母親です。娘と私は、毎日熊本弁、又は英語で会話をしています。娘は、毎年夏2ヶ月半程帰省して、熊本の学校に体験入学生として、通学させてもらっていました。ですので、娘の「日本語」は熊本弁でした。娘が小学3年生になったある日、うちで漢字を勉強しても使うところがない!と文句を言い出したので、日本人学校の日本語教室に通わせはじめました。そして、こんな会話が、、、
 先生「まぁ、そんな重たいかばんを運ぶの大変でしょう?」
 娘「大丈夫!からっていきますから」
 先生「へ???からう?」
 娘は、自分の日本語は単なる日本語で、熊本弁という意識がなかったようです。
 又、NYに居ると、たくさんの他国語に遭遇します。私の祖母は、ちいさな子供の蒙古はんのついたお尻を「ブンブンちゃん」と呼んでいました。ブンブンとは、ポルトガル語で、お尻の事。やはり、隠れキリシタンが天草に来て、ポルトガル語を撒き散らしていったのか???と思いました。「ばってん」もBut Thenから来たとも言われていますが、、、。(2008/02/16)
 ニューヨークからの熊本弁情報、ありがとうございました。私自身、「からう」というのが共通語でないと気付いたのは最近です。それ以外でも、熊本弁と共通語が区別つかないものも色々あります。「ブンブン」とは初めてでした、ポルトガル語とのこと、ありがとうございました。熊本を離れておられるとお気付きになられることも多いかと思います。また何か思い出されましたら、よろしくお願い致します。
熊本弁に面白い表現があります。
「そぎゃんこつばしてよかてばし思うとんなはっとか」
そんなことをしていいとでも思っているんですか、と言う意味ですが、このバシは「とんでもない」と言うほど意を強めた用法で、叱り、たしなめる場合によく使われます。話し言葉で文書では見受けられません。どなたかこのバシの由来をご存じないでしょうか?(2008/03/02)
 yahoo辞書によると、 [副助]《係助詞「は」に副助詞「し」の付いた「はし」の音変化とも》名詞・格助詞・接続助詞「て」などに付く。疑問・推量・仮定条件・禁止・命令などの表現を伴い、上の事柄を取り立てて強調する意を表す。…なんか。…でも。
となっています。も少し、調べてみたいと思います。情報、ありがとうございました。私たちは国語等の知識もなく、辞書等を調べながら発信しているもので、このような情報、私たちが熊本弁を考える手がかりとなり、大変勉強になります。ありがとうございました。同じ方からは次の情報も別便でいただきました。
 なんさま水やつがねんねんとイミッて来てかる、このじゅったんぼも膝坊主まできゃーぬかって、どぎゃんもこぎゃんも歩かれんごつなったっですたい。この「ねんねんと」は次第に段々とと言う意味ですが漢字は自然や天然の「然」ではないでしょうか。熊本弁辞書に出ていないようですが、お調べのうえ追加されることをお勧めいたします。(2008/03/02)
 その後、以下の情報をいただきました。ありがとうございます。(2008/03/04)
「ばし」については、広辞苑を見ると「平安末より用いられたが江戸時代になって余り使われなくなり、現在、佐賀・鹿児島方言に残っている」とありました。いやいや熊本にもあるんですよね。ただ、今の若い世代では余り使われていないのは確かですね。
「ねんねんと」を広辞苑で調べてみました。漢字は「念念」で仏教語できわめて短い時間、一瞬一瞬、とありました。私は「次第に」と思っていましたが実は「急に」という意味だったんですね。そういえば「急に水かさが増して、膝までつかった」という表現が解ります。
「いみる」は増える、増す、です。
「沢山」のことを「グッサリ」と言いますね。語源は何でしょうか。「よんにゅ」とも言います。(2008/03/04)
 図書館で日本国語大事典(小学館)を調べてみたら「グッサリは物の深くつきささる音。また、そのさまを表す語」とあり、方言「物の多いさま。どっさり。 新潟県、長崎県平戸、熊本市」とありました。深く突き刺さる音の感覚から「どっさり」「多い」という意味に変化していったのでしょうか。ぐっすり「深く眠っているさま。物を突き刺す音」とも、語源は同じなのかも知れませんね。「よんにゅ」は「よんにょう」の項に「数量の多いさま。程度がひとかたでないさま。多いと云事を肥州にてよんにゅうと云 此は余饒(よにゃう)也」とありました。勘違いもあるかと思います。アドバイスいただければ幸いです。
 ところで、「アバカン、イサッカ、イッピャ、オモサン、グッサリ、シコタマ、ホーラツカ、ヨンニョ」等々、多いことを意味する熊本弁、ニュアンスは微妙に違う所もありますが、多いですね。本サイトの熊本弁単語一覧に掲載している基本形だけでも8つ、探せばもっとあるかも知れません。「タイギャ、ダゴンゴツ、マウゴツ」等も入るのでしょうか。ご存知の方、お教え下さい。熊本人の気質等との関係はないのか、研究(?)の対象にもなりそうです。
 だんだんと古い熊本弁が忘れられて行きます。私たちの年代は貴重な伝承文化である言語、この場合の熊本弁の最後の語り部ではないかと思っております。若い世代には「使いもしない言葉を ........」とそっぽを向かれるかもしれませんが現時点で伝承リレーを中断してはなりません。国府高校の折角のご尽力に期待しております。(2008/04/15)
 おっしゃる通りですね。特徴的なものだけと考えたこともあったのですが、気付いた熊本弁を単語一覧に追加するだけでも価値があるんですね。更に収集し続けなければと思っています。これからも、熊本弁情報、よろしくお願い致します。
 熊本弁大好き♪で、日常的に積極的に使っています。これは、ある先生から言われたんですが。。。 熊本の人は「8時前、5分…」って言うけど、標準語では「8時5分前」だと思う。 熊本弁って、アメリカナイズされてますね。 。。。とのことでした。いかがでしょうか? これは、熊本弁なんでしょうか?よろしかったら、ご回答下さいませ m(u u)m  お願い致します m(u u)m
時計 メールをいただくまで、私は方言かどうかも考えたこともなく、両方使っていました。周囲に尋ねると、生粋の熊本人はほぼ両方、東京育ちの人は「8時5分前」とのこと、やはり「8時前、5分」は方言の可能性が大。そこでYahoo!で検索すると、「時前5分」が497件で「時5分前」が174,000件と圧倒的、やはり「8時前5分」という表現は方言(熊本弁も含めた肥筑方言?)かと。更に「”8時10分前”という言い方には”8時10分の少し前”、すなわち”8時8〜9分頃”を意味するときにも使う」と言われた方も。私も使うことがあります。断言はできませんが、熊本弁では「8時5分前」と「8時前5分」を使い分けているようです。また「8時(間をおいて)10分前」は7時50分で、「8時10分(間をおいて)前」は8時10分の少し前と区別するという情報も。
 国語や方言に関する専門知識に疎く、勘違いや間違いもあるかと思います。お気付きの点等、ご指導いただければ幸いです。(2008/05/22)
 ↑ 丁寧なご回答、ありがとうございます m(u u)m あた達ば、応援しとるバイ ☆ヽ(*>▽б) ウフッ♪
 それから、回答にはなかったばってん、「アメリカナイズされとる…」という根拠を、英語で調べてくれるとよけいにわかりやすかと思うとばってんなぁ〜 どぎゃんだろか? 高校生だけん、英語もうまかろぉ〜? よろしゅう、頼んどくばいた! (^-^)/~~ see you !

 国語も英語も不得意ですが、「8時前5分」は「5 minutes to 8」でしょうか。しかし、これでは「8時まで5分」、では「5 minutes before 8」でもいいのでしょうか。それでも、時間、分の順序が逆。英語も苦手です。ところで、熊本弁で英語に似ていると言われるのが「行く」を「来る」と言うことです。共通語で「そちらに行く」を熊本弁では「そっちゃん来る」です。英語の「I'm coming.」と似ています。また、バッテンがbut then からという説もありますが、これは全くの冗談でしょう。他に「熊本弁がアメリカナイズされとる」という根拠(?)は分かりませんでした。申し訳ありません、ご存知のことがありましたら、お教えいただければ幸いです。(2008/05/23)
前略
はじめまして。宮村昌一と申します。18歳まで熊本市大江にいて、高校卒業後は、関西方面へ移り、その後、名古屋で20年以上過ごしている56歳の者です。貴校の PC クラブの熊本方言のページは、熊本文学散歩のページとともに、時々訪ねて楽しませて頂いてます。作成された貴校の先輩方、維持拡充に当たられる現役学生の方々、指導の先生方、ありがとうございます。
ところで、熊本弁の単語リストですが、少々気になる所があってご連絡しました。
「うまか」「こすか」「こそばいか」「たかか(たっか)」「まばゆか」「やかましか」「よか」などは、語尾の音便変化のみで、「か」を「い」に入れ替えるだけで、国語辞典にある単語になり、意味も辞典の説明と同じであるような気がします。これらはリストから外しては如何でしょうか?
どこら辺までの音便変化を、方言としてリストに入れるかは、非常に微妙な問題ですが、少なくとも、形容詞の語尾だけが変化したものは省いた方が良い気が致します。(「たっか」などは少しなやましいですね。)
以上、少々おせっかい過ぎるようで申し訳ないです。たわごととして聞き流して頂いても結構です。では、これからも少しずつ拡充されるのを楽しみにしております。
草々
 全くご指摘の通り、私たちも単語一覧に載せる方言の選定基準が気になっていました。「か」と「い」の一字の違いだけですので、一覧から削除したほうがよさそうですね。お陰で迷いが吹っ切れました。特徴的な熊本弁に限定したほうがすっきりします。ありがとうございました。実は他にも、一覧の中には国語辞典に載っている単語が幾つも。「辞典にあるのなら共通語では?」「いや、方言も国語だから載せてある?」などと、判断に迷っていた単語もあって、気になっていたところです。これを期に辞典に載っていた中から「おめく、くびる、くぶる、くやす、ぐるり、こぎる、さんにょ、しこな、しんど、ちんちくりん、つばな、ひらう、へずる、ほめく、ほろせ、みてくれ、もやう、よとぎ」も削除することに。今後ともよろしくお願い致します。(その後「いぬる、いやしか、うざい」も削除、443語に)(2009/02/12)
 現在62歳で、15年前に高松に47年間住み慣れた熊本(熊本市南坪井および大江5丁目)を離れています。こちらでは全く熊本弁をなおすつもりもなく講義等々でも使用しています。時々御同好会制作の熊本弁をみて、懐かしんでいます。どうもありがとうございます。見るときはいつも書いていない僕が使っていた熊本弁があるかなとか考えています。メールで返事というか意見を言えることまでは知らなくて、いつもは見つけても何もしなかったのですがその部分があることを知り、筆を執った次第です。今までのはまた思い出したらメールしたいと思います。子供の時に「パンパン」という札をひっくり返してとったりとられたりするゲームをしていたのですが、それも書いてありませんでしたし、そのときに本当に取り合いをするときは「本気」、取り合いをしないで嘘の勝負みたいなときは「わやんき」といっていたのを思い出していますが、「パンパン」の方は死語みたいな遊びかもしれませんが、「本気」「わやんき」も今では誰も使っていないのでしょうか?また、つっこけたりした時に石や物の角で頭を打って怪我したときには「頭ばうっぽいだ」といっていたのも思い出しました。穴を開けたりするときは「うっぽがす」といっていたと思います。実際、子供の時にその経験があり、いわれた経験も使った経験もあります。最後におもしろいホームページありがとうございます。今後ともお願いします。最初どこの高校かわからなかったのですが、国府高校の沿革を調べてやっとわかりました。僕が熊本を離れた時を同じくして名称が変わったのですね。(2009/06/10)
 熊本弁情報,ありがとうございました。「わやんき」というのは,私自身は初めて聞き,周囲に尋ねましたら,知ってる方も。「わやき」とも。「わや」というのを山口や大阪の人が使っていたという情報も。他に,数人の先生たち(出身:天草,芦北,熊本)が使っていたとのことでした。PC同好会では,「わやんき」は聞いたことがある(?)というのもいましたが,ほぼ死語に近い状態。パンパン(メンコ)さえ知らない者も,知ってはいるが経験者は2名。老人ホームを訪問したとき教えてもらった者と伯父さんから教えてもらったことがある者。同好会以外の7人の男子に聞いたところ,4人が経験ありだが,呼び方は全員が共通語「メンコ」。パンパンの呼び方も色々,カッパというのも,調べたらもっとあるかも,これにも興味が。「うっぽがす」は方言一覧には入れてませんが接頭語のページの「ウッ」に別例をあげていましたが,追加させていただきました。(2009/06/12)
 辞典を調べると,「わや」や「わやく」が載っており,「わや」は「わやく」の音変化で,無茶,無法,無駄なこと,もろいこと,うそなどと。更に「わやく」は「往惑(おうわく 言動で人を惑わすこと)」の変化とあります。「わやく」が「わやき」「わやんき」と変化したのではと想像されます。「本気」「ホン気」に対して「ワヤン気」,語呂もいいですね。勝手な想像です。言葉の成り立ちを想像するのも面白そうですね。(2009/06/19)
さて、一つ質問なのですが、ホムページに「がじゅむ」という単語があり、縮むという意味が書いてありましたが、小学校や中学校の時「密接して一緒に集まる」という意味を込めて「がじゃまらんかい」といっていたのですが、これは我々の誤った使い方だったのでしょうか?「がじゅむ」と「がじゃまる」と2つの用法があるのでしょうか?(2009/06/18)
 皆に投げかけてみましたが,実際に使っているものは居らず,家族がガジュムを使っているというのが一人。確認してきてもらいました。意味は「縮む」,ガジュマルは「縮まる」ではとのことでした。とすれば「密接して一緒に集まる」という意味にも繋がりますね。更に,ガジュムは動作を,ガジュマルは状態を表すのではという意見も。ところで私たちPC同好会は国語や言語学に関して全くの素人集団で,単なる興味本位で発信しているWEBで,さほど信用できないかと思います。申し訳ありません。ご指導いただければ助かります。国語の先生などにもお尋ねしてみたいと思います。(2009/06/18)
 昨日のメール,間違ってましたので訂正させていただきます。「ガジュムは動作をガジュマルは状態を表すのではという・・」の部分です。逆のようです「ガジュムが状態をガジュマルが動作を表す」です。間違ってました,申し訳ありませんでした。国語はどうも苦手で・・・。(2009/06/19)
 ガジュマルってカラマッテルというイメージが。ガジュマルと言えば奄美や沖縄の熱帯樹,枝や根がガジュマッテ(縮まって,絡まって)いるからガジュマルと言うのか? ガジュマルの樹もガジュムやガジュマルと関連しそうです。(2009/06/20)
はじめまして K と申します。私は大阪近郊に在住しておりますが、熊本の人吉市に90歳の祖母がおりますので、郷愁の思いで サイトを楽しく拝見させて頂いております。
さて、祖母の会話などで聞いていた球磨弁に、方言一覧には無かった言葉が御座いますので、メール致しました。
ビンタ・・・頭やひたい を指す言葉。
   「あん学者さんば、ビンタの良かばい。」 などと祖母は使っていました。
ヤッゴイバ・・・火葬場 を指す語。 「焼き請う(火葬を依頼する)場」から転用した語でないかと、祖母は言っておりました。
   「ま〜、タバコばやんなさんなぁ〜 煙とぉてヤッゴイバのごとあんどぉ」 と祖母に言われ、意味を聞くと そのように教えてくれました。
ジャイヨ(ジャ、ジャージ)・・・そうだよね〜 を指す会話の中での賛同語。
   「ジャ〜イヨ、ジャッジャ〜〜。」(そうよね〜、そうそう。)などと 相手の話に深く賛同する時には重複使用も。 ジャジバイ も同意味で、会話の流れで使い分けされているようです。
あと、既に一覧に記載されてはおりますが、
「ドシコ」は 『沢山』という意味があると祖母から聞いており、
   「ドシコあっばい(沢山あるよ)」 と使っておりました。
あと余談で・・・
私は関西育ちなのですが、人吉育ちの両親の影響で、気付かず身に付いた方言がありました。
重い物を複数人で持ち上げる掛け声「いち、にーの、さんっ!」これを私は両親の影響で「いち、のーが、さんっ!」だと自然に身に付いていた為、代々生粋の関西の方に「調子が合わん」と怒られた時がありますw
話はそれましたが、人吉の祖母の会話から聞いた語録は、ちょっとしたご参考になれば 嬉しく思います。また なにかしらあれば メールさせて下さいね。(2009/11/06)
ご両親が人吉のご出身とのこと,また違った感覚で熊本弁に親しんでおられるかと思います。熊本弁真っ只中にいる私たちには気付かないことも多く,更に,球磨弁情報は少ないので,助かります。ビンタが頭を意味するのは鹿児島弁と同じですね。ジャイヨも鹿児島弁のジャッドに,「ヤッゴイバのごとあんどぉ」のゴトアンドォも鹿児島弁の雰囲気がありますね,やはりお隣の鹿児島の影響が強いようですね。ところで,ドシコが沢山との意味は初めて(?)。しかし,ドシコデチャヨカには「どれだけ沢山てもいい」の意味もありそうですね。「イチ,ノーガ,サンッ」も楽しい掛け声のようですね,「イチ逃サン」でしょうか,それとも単に「1ノーガ3」でしょうか?ありがとうございました。お婆さまの球磨弁,これからも教えていただければ嬉しく思います。よろしくお願い致します。
カッテキタ傘 愚生、1945年生です。方言は大好きです。
 方言はその土地、その土地の文化だと思って大切に使こうとります。(使っていますですかね。)1964年(昭和39年)3月、高校卒業後、関東へ就職(2年間で帰郷)。時あたかも東京オリンピックの年です。
 高校卒業したばかりの洟垂(はなた)れ小僧が、雨が降っていたものですから、友人からおんぼろ傘を借用し、出勤したら、上司曰く「その破れ傘どうしたの?」。自分「友人から借ってきました」。上司「そのおんぼろを傘を買ってきたの」。私はそのとき初めて、関東では買うの過去形は買ったと知りました。私は、あくまでも買うの過去形は買うた(こうた)です。同じように、会うは、おうた。縄をなうは、のうた。這うは、ほうた。舞うは、もうた。TV等を拝見していますと、関西の人たちは買うの過去形は買うた(こうた)と発音していますね。平成20年だったでしょうか、NHKの朝の連続テレビ小説「だんだん(有難う)の意味)」がありましたね。私たちは幼少の頃、頂き物をすると「だんだんなあ」とお礼を言って(言うて)居ました。あさいごっじゅう(午前中)、よのよふて(一晩中)なんて判りますか。思いつくままに書きましたが、方言大好きな愚生です、また書き込みをしたいと思います。(2010/01/18)
 熊本弁情報,ありがとうございました。「買った」と「借った」は同じ音で,区別するのに「買った」は「こうた」,「借りた」を「かった」と言うようになったのでしょうか。その意味では共通語より発達(?)していると言えるかも知れませんね。新知識をいただきました。アサイゴッジュウ(午前中)やヨノヨフテ(一晩中)は全くの初耳で,周囲に聞きましたがほとんどが知らなかったのですが,ヨノヨフテは「夜中から朝まで」や「一晩中」と答えた人も。ダンダンやヨノヨフテなど方言一覧に追加させて下さい。水俣や熊本弁の情報,今後ともよろしくお願い致します。(2010/01/19)
 先日、水俣の方から子供たちの間で「ヤーマ!ヤーマ!」という方言が流行っているとお聞きしました。「そうだ、そうだ!」と相づちを打つ意味だそうです。校内でも何人かに尋ねてみましたが、今のところ使用者は見つかっていません。広範囲の方言ではなく、狭い地域や世代の新しい方言かも知れませんが、このような新しい(?)学校ごとの方言もあるかと思います。学校に限らず、職場やそれぞれのグループ特有の方言もあるかも知れません。インターネット時代の現在、インターネットの掲示板やメーリングリスト内でも発生することでしょう。もし「ヤーマ!ヤーマ!」について情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらお教え下さい。 (本文は,2004年6月頃メールより_1に紹介していたもので,次の情報をいただきました)
 毎日のように貴HPを覗いて、勉強させてもらっています。ところで、上記のメールに辿り着きましたので、私の考え方をと思い発信させていただきます。
 確かに、「ヤーマ!ヤーマ!」は今でも愚生の中では歴然として残っていて、じょうん(常時・日常茶飯事)使っています。
 相手の話の中で共鳴することがあると、すかさず「ヤーマ!そげんたい」という風に。
 ただし、同年輩や後輩のみですね。会話の中で 「ヤーマ!そげんたい」を発すると若い人(特に30代・20代)たちは、「何ですか、ヤーマちいうのは?」返ってきて、説明に一苦労することもしばしばです。(2010/01/20)
(水俣から届いた「ヤーマ」情報のメールでした。熊本弁一覧にも追加させていただきます。ありがとうございました。2010/01/21)
 徳島弁は,熊本弁と同じく,共通語よりも細かい意味合い区分を持ちます。また,高齢者の言葉が少しずつ使われなくなっているのも熊本弁と同じでしょう。明治生まれの人の徳島弁では,「カ」の音に二通り,すなわち,普通の「カ」と昔流の「クヮ」があり,故三木武夫総理大臣は「会社」を「くゎいしゃ」と発音しておりました。高齢者がたまに「何々してくんなはいりょ」というときには,「何々してください」にない上品さ,丁寧さ,気配りなどが含まれておりますが,この「はいりょ」は,戦後生まれの世代には受け継がれておりません。
(中略)
 貴校のホームページ熊本の方言(熊本弁)にある「接頭語」は,それ自体が単語でなく,後続する名詞や動詞など,他の単語に結びついて始めて,具体的意味を表現する短い結辞(けつじ)ですので,「接頭辞」と称呼すべきものと思いますが,いかがなものでしょうか。「語」と「辞」の違いだけですけれども。英語ではこれらは,ワードでなくアフィックスです。接頭辞はprefix,接尾辞はsuffixです。
ついでながら,助詞には活用がなく,助動詞には動詞のような活用があります。この点において,両者の区別を再検討なさってみたら?と思うのですが。
 接頭語や助詞,助動詞等のアドバイス,ありがとうございます。分類というか区分に迷っています。今後のページ更新に役立てたいと思います。ただ,ページ作成者は既に卒業しており,変更には難しい点もありますが,同好会で検討させていただきます。ありがとうございました。徳島でも「カ」と「クヮ」の区別があるんですね。熊本もカ行やサ行に,火事をクァジ,先生をシェンシェイなどが。使う人は少なくなっています。今後ともよろしくお願い致します。(2010/02/15)
熊本弁単語一覧にある「コサグ」は、徳島弁の「コサグ」「コサゲル」に似ていると思うのですが、詳しい意味合いも同じではありませんか?徳島弁では、鍋やフライパンにこびりついた「おこげ」などを、ヘラやシャモジなどで、少しずつ、こするようにして取り除くことを「コサグ」とか「コサゲル」といいます。広辞苑には載っていないものの、「コサグ」は「コサグ」でしょう。五木の子守唄の歌詞にも「つらいもんばい 他人のままは にえちゃおれども のどこさぐ」とあります。喉を通る時には、がりがりと「コサグ」のだから、痛そうな感じが伝わってくるのは、徳島弁で理解しているからなのでしょうか? それとも、熊本弁でも同じような感じが伝わっているのでしょうか? せっかくだから、「コサグ」を共通語として広めたいと思うのですが、いかがでしょうか?英語のscrapeの訳語としても、打ってつけですし。
徳島弁と似てますね。当方の知識では,ほぼ同じかと思います。図書館で,小学館の日本国語大辞典を開いてみましたら,コサグは「掻く。ひっかく。かき落とす。けずり落とす。けずる。」とあって,島根,山口,高知,長崎,熊本,大分,鹿児島で用例があるようでした。中国,四国,九州に広く分布しているようです。方言は分布を調べるのも面白そうですね。ひょっとすると,東北辺りにも残っているのかも知れませんね。元々は「削」に,「少し,なんとなく」などの意味を添える接頭語「こ」がついたもののようです。例えば「こぎれい」などと同じように。
コサグと意味が一致する共通語はない,そこで「共通語として広めたい」,興味あるご提案かと,同感です。scrapeの訳語としてぴったりなら尚更ですね。ありがとうございました。
 
 メールをいただき、初めて気付いくことも度々。日頃、何気なく使っている方言です。深く考えることもなく、お便りをきっかけに、考え、調べ、新たな発見へとつながっています。地元に居ては気付かないことも多く、WEB発信の意義を再確認します。励ましやお礼のメールをいただき、少しでも役立っていることを知り、更新の励みになっています。今後とも、ご意見やアドバイス等、よろしくお願いいたします。(2004/10/15)
 
制作:熊本国府高等学校パソコン同好会(最終更新:2010/02/16)

熊本弁目次 熊本弁よもやま 熊本弁笑い話 メールその1(2004/9以前) メールその2(2006年まで)