簿記

簿記とは?
  • 簡単にいうと・・・会社で行う商品の購入、仕入、保管、販売、決算などの経済活動を正しく記録し、計算整理することです。
  • 毎日の『もうけ』や『損』を把握するため、一定のルールに従い貸借対照表や損益計算書などを製作することです。
  • 簿記には、「現金」や「買掛金」他にもたくさんの勘定がありますが、その大元は5つ『資産』『負債』『資本』『収益』『費用』です。『資産』『負債』『資本』で貸借対照表を作り、『収益』『費用』で損益計算書を作ります。
◎貸借対照表

『貸借対照表』というのは・・・簡単にいえば、その会社に今ある「財産」をあらわした表で、『資産』=財産、『負債』=借金、『資本』=開業する時に必要な資金と、大まかに考えることができます。どれだけ、どんな資産が増えたか、負債があったか、そして期首と期末の差額が純利益(純損失)といいます。それを貸借対照表というものに記入していきます。

資産 現金・商品・備品・売掛金・建物・貸付金・未収金・車両・土地・立替金・消耗品
負債 買掛金・借入金・未収金
資本 資本金

 上記ような勘定があります。ほかにもたくさんの勘定が出てくるので,その都度その勘定が『資産』なのか『負債』なのか等、きちんと覚えておく必要があります。

◎損益計算書

『損益計算書』というのは・・・簡単にいうと、『成績表』ということです。その会社で商品をどれだけ売ったか、仕入れたか、それにかかった発送費や人件費などの費用を計算する表の事をいいます。『費用』=もうけるために要する必要経費のこと。『収益』はもうけとなるもの。資本の増加の原因になるもの。経営成績を明らかにした一覧表を、損益計算書という。

費用 支払手数料・雑損・支払利息広告費・給料・仕入
収益 受取手数料・雑益・受取利息売上

(★勘定項目に「○○費」や「支払○○」、「○○損」「○○償却」とつく項目は、たいていが費用。
  「○○益」や「受取○○」とつくものは、たいていが収益項目となる。)

◎『貸借対照表』と『損益計算書』の関係

 どちらの表も、1年間商売を行ってきて、純利益(あるいは純損失)を出すのが目的。そして、同じ期間中おきた取り引きの表を作るのだから、貸借対照表の純利益も損益計算書の純利益も同じになります。

 〔例〕
会計年度末(平成13年12月31日)の資産、負債、資本
   現金¥35,000 売掛金¥50,000 備品¥30,000 建物¥80,000
   買掛金¥75,000 借入金¥13,000 資本金¥100,000
会計年度中(平成13年1月1日〜12月31日)に発生した収益、費用
   商品売買益¥18,000 雑収入¥5,000 受取利息¥3,000 給料¥4,000 支払利息¥7,000

Check!!⇒貸借対照表と損益計算書の当期純利益は同じ金額になる。
 損益計算書の当期純利益は赤文字で書く。
 (注意)分かりやすくするために、金額を低くしています。
◎取引・仕訳

 資産や負債、資本の増減、収益や費用の発生、消滅を取引といいます。そして、取引のルールの従って借方と貸方に記入していくことです(その時、どちらの合計金額も一致するようにします。)。

※(取引のルール)

借方 貸方
資産 増加(現金などが増えた場合) 減少(現金などが減った場合)
負債 減少(借入金などを支払う) 増加(借入金などが増えた)
資本 減少(資本主に返却した場合) 増加(資本主が出資した場合)
収益 消滅(販売した商品の値引きなど) 発生(利息などを受け取った場合)
費用 発生(利息などを支払う) 消滅(仕入れた商品の値引きなど)

〔例〕  ※見方(借方の勘定 金額 /貸方の勘定 金額)                          ※3級程度
々馼楙ε垢ら商品¥10,000を仕入れ、代金は現金で支払った。
           A:仕入 10,000 / 現金 10,000  
(解説)仕入は費用が発生したということなので、借方へ。支払うために現金が減ったので、貸方へ。

熊本商店へ商品¥10,000を売り渡し、代金は掛とした。発送費¥3,000は現金払い。
          A:売掛金 10,000 / 売上 10,000
            発送費  3,000 /  現金 3,000
(解説)商品を売り渡したら売上。売上は収益が発生したということなので、貸方。売上げた時の掛払いは、売掛金。売掛金は資産なので、借方。発送費は費用なので、借方。その支払いは、現金で資産が減るので貸方となる。

1超藩僂侶物¥1,000,000を購入し、代金は小切手を振り出し支払った。不動産への手数料¥30,000を現金で支払った
          A:建物 1,000,000 / 当座預金 1,000,000
            支払利息30,000 / 現金 30,000

(解説)建物は資産が増えたことになるので、借方。小切手を振り出して支払うと、勘定項目としては当座預金となる。当座預金は、資産となり支払って減るので、貸方。手数料を支払うので、支払手数料。費用が発生したということなので、借方。
その支払で現金がなくなるので、資産が減り、貸方となる。

◎勘定口座への記入
勘定とは・・・簿記上の取引が生じたら、資産などの増減や収益などの発生を記録するものです。(この口座は、T字勘定といい勘定口座の書き方でいちばん簡単なもの。)
          
〔仕訳〕
1月1日 現金\80,000を元入れして、A店を開業。
 1/1 現金 80,000 / 資本金 80,000

1月14日 事務用の椅子・机を買い入れ、現金で支払った。
 1/14 備品 35,000 / 現金 35,000

1月16日 B商店に買掛金のうち¥25,000を現金で支払った。
 1/16 買掛金 25,000 / 現金 25,000

1月20日 C商店から商品を仕入れ
 1/20  仕入 10,000 / 現金 10,000
  
※ここでは、現金の勘定を例として書きましたが、もちろん、資本金の勘定口座や備品の勘定口座というように、いろいろあります。口座に記入することで、資産などの増減など、取引の動きが分かりやすくなります。

 上で紹介したものは、最初に習う3級のほうでも、本当に初期のものです。勘定も、この他にまだまだあるし、仕訳の問題にも自分で計算して答えを求めたりするややこしいものも。表にも仕訳帳や仕入帳・売上帳、繰越試算表など取引の変動を知る表がたくさんあります。これらを使って、取引の内容を分かりやすく明確にしていくことを学んでいきます。まずは、簿記検定3級の合格に向けて頑張るんです。

前のページへ