新刊図書案内 Vol.15以降 平成15年度

熊本国府高等学校図書館



新刊図書案内
平成15年 5月14日 Vol.15
熊本国府高等学校図書館
 新学期が始まって、すでに一ヶ月が過ぎました。4月からさまざまな行事が行われていま
す。慌ただしい生活の中、一冊の本が安らぎをくれることがあります。そんな本を探しに図書
室に足を運んでくださいね。

《総記・雑学》
 ・   『今さら他人には聞けない疑問 650』エンサイクロネット編
《哲学・宗教・心理学》
 ・   『つい、そうしてしまう心理学』深堀元文
 ・   『「運を引き寄せる人」の小さな習慣』多胡 輝
 ・   『夢をかなえる100の言葉』ウォルト・ディズニー
 ・   『光に向かって心地よい果実』隆盛顕徹
 ・   『試してみることで人生は開ける』鷲田小彌太
 ・   『好かれる女性になれる魔法の言葉』植西 聰
《歴史・地理》
 ・   『全世界紀行 ―民族と歴史、そして冒険』南里章二
 ・   『地図で訪ねる歴史の舞台 ―世界―』帝国書院
 ・   『地図で訪ねる歴史の舞台 ―日本―』帝国書院
 ・   『旅に出たくなる地図 世界編』帝国書院
 ・   『旅に出たくなる地図 日本編』帝国書院
《法律・仕事・学校・家庭》
 ・   『全図解 仕事のしくみ』川嶋 光
 ・   『仕事力がダントツに伸びる7つの冴えた方法』ダニー・コックス
 ・   『大学で「自分」を見つけた』原 孝
 ・   『学び方を学ばせるイギリス式ゆとりの教育』宮北恵子
 ・   『理想の国語教科書 赤版』齋藤 孝
 ・   『子どもの自信をつける言葉 トラウマになる言葉』加藤諦三
 ・   『写真で綴る昭和30年代 農村の暮らし』武藤 盈
 ・   『データでみる県勢 2003』矢野恒太記念会
 ・   『言うことを聞かないのはどうしてなの?』メアリー・シーディ
 ・   『お母さんの親ごころお父さんの底ぢから』長田百合子
 ・   『「お付き合い上手」のための今どきの冠婚葬祭』家庭画報編
《生物・医学》
 ・   『雨の名前』高橋順子
《環境・技術・料理》
 ・   『学力をつける食事』廣瀬正義
 ・   『キッチンに一冊 食べものくすり箱』阿部絢子
《芸術・スポーツ》
 ・   『「少年」傑作集 第1巻 鉄腕アトムほか』光文社文庫編
 ・   『「少年」傑作集 第2巻 鉄人28号ほか』光文社文庫編
 ・   『「少年」傑作集 第3巻 ストップ!にいちゃんほか』光文社文庫編
 ・   『「少年」傑作集 第4巻 矢車剣之助ほか』光文社文庫編
 ・   『「少年」傑作集 第5巻 忍者ハットリくんほか』光文社文庫編
 ・   『「少年」傑作集 第6巻 小説・絵物語篇』光文社文庫編
《言語・文章》
 ・   『思ったことの半分しか言えない人はこう話せ!』飯島 孟
 ・   『雨のことば辞典』倉嶋 厚
 ・   『本当の日本語力もってますか』宮川俊彦
 ・   『大切なことば、いらない日本語』鷲見徹也
 ・   『からだを揺さぶる英語入門』齋藤 孝
 ・   『一日5分 奇蹟を起こす4行日記』小林恵智
 ・   『一日10分 英語で書こう4行日記』小林麻綾
《詩歌・小説・エッセイ》
 ・   『天涯の船 上』玉岡かおる
 ・   『天涯の船 下』玉岡かおる
 ・   『高瀬川』平野啓一郎
 ・   『明日香の皇子』内田康夫
 ・   『水中眼鏡の女』逢坂 剛
 ・   『少年たちの四季』我孫子武丸
 ・   『黒塚 KUROZUKA』夢枕 獏
 ・   『T.R.Y.』井上尚登
 ・   『セカンド・ショット』川島 誠
 ・   『青の炎』貴志祐介
 ・   『呪怨』大石 圭
 ・   『三毛猫ホームズの最後の審判』赤川次郎
 ・   『キッドナップ』大石直紀
 ・   『三十秒のラブ・ソング』喜多嶋 隆
 ・   『ifの迷宮』柄刀 一
 ・   『だって愛だから。』花井愛子
 ・   『佐渡伝説殺人事件』内田康夫
 ・   『寡黙な死骸 みだらな弔い』小川洋子
 ・   『総司残英抄』戸部新十郎
 ・   『世に棲む日日 一』司馬遼太郎
 ・   『世に棲む日日 二』司馬遼太郎
 ・   『世に棲む日日 三』司馬遼太郎
 ・   『世に棲む日日 四』司馬遼太郎
 ・   『花を運ぶ妹』池澤夏樹
 ・   『夏のロケット』川端裕人
 ・   『御宿かわせみ 27 横浜慕情』平岩弓枝
 ・   『花、咲きまっか』俣木聖子
 ・   『ブレイブ・ストーリー 上』宮部みゆき
 ・   『ブレイブ・ストーリー 下』宮部みゆき
 ・   『四日間の奇蹟』朝倉卓哉
 ・   『沈むさかな』式田ティエン
 ・   『贄門島 上』内田康夫
 ・   『贄門島 下』内田康夫
 ・   『ねじの回転』恩田 陸
 ・   『片目を失って見えてきたもの』ピーコ
 ・   『こんな男じゃ結婚できない!』白河桃子
 ・   『あえて押します 横車』上坂冬子
 ・   『海の見える病院から』宮内好正
 ・   『呉・三国志 長江燃ゆ 一』伴野 朗
 ・   『呉・三国志 長江燃ゆ 二』伴野 朗
 ・   『誰のために生きるのか』金 美鈴
 ・   『指輪の力』ジェーン・チャンス
 ・   『"It"と呼ばれた子 幼年期』デイヴ・ペルザー
 ・   『"It"と呼ばれた子 少年期』デイブ・ペルザー
 ・   『青空のむこう』アレックス・シアラー
 ・   『新訳 ピノッキオの冒険』カルロ・コッローディ
 ・   『アウェイ・ゲーム』アレクサンドラ・マリーニナ
 ・   『戦場のピアニスト』ウワディスワフ・シュピルマン



新刊図書案内
平成15年 6月13日 Vol.16
熊本国府高等学校図書館
 高校総体が終わり、学校はなんとなく静かになりました。そろそろ梅雨を迎える頃ですね。
ただでさえ湿っぽい季節。スカッとする本で気分転換しましょう。

《哲学・宗教・心理学》
 ・   『なぜ、男は「女はバカ」だと思ってしまうのか』岩月謙司
 ・   『自分を好きになる言葉』水澤都加佐
 ・   『本当の自分に出会える本』山田凰聖
 ・   『こころに天使を育てる本』森津純子
 ・   『地球を癒す人のハンドブック』西園寺昌美
 ・   『友達ができる本』ロージー・ラシュトン
 ・   『世界の宗教がわかる本』ひろさちや
《歴史・地理》
 ・   『縄文のくらしを掘る』阿部芳郎
 ・   『平安京の仰天逸話』小林保治
 ・   『イラクの小さな橋を渡って』池澤夏樹
 ・   『イスラム世界を行く』緒方靖夫
 ・   『サダム・フセインが頑張るこれだけの理由』小滝 透
 ・   『中央アジアを知るための60章』宇山智彦
 ・   『不思議の国のブッシュ』ダグラス・ラミス
《法律・仕事・学校・家庭》
 ・   『日本の根本問題』西尾幹二
 ・   『豊郷小学校は今』本田清春
 ・   『絶対学力』糸山泰造
 ・   『学習力は丸暗記でつける』多胡 輝
 ・   『お父さん、許してやるよ』伊藤恵造
 ・   『NPO法人 なるほどQ&A』熊谷則一
 ・   『私はあなたを見捨てない』宮内佳代子
 ・   『ニュースがわかる!紛争地図』浅井信雄
 ・   『障子を開けてみよ、外は広いぞ』小宮和之
 ・   『ピンチを救う魔法の「ひと言」』守山雄司
 ・   『世界紛争地帯の見かた・読みかた』荻野洋一
 ・   『現代社会からみる生涯学習の論点』井上豊久
 ・   『「要領」のいい生き方を教えなさい』和田秀樹
 ・   『「ひきこもり」たちの夜が明けるとき』橋 由歩
 ・   『120%満足できる家が20%安く建つ』小池義彦
 ・   『すべては傍受されている』ジェイムス・バムフォード
 ・   『チャイナ・ドリーム 上・下』ジョー・スタッドウェル
 ・   『いま読み返す日本国憲法〔条文と解説〕』岸本康彦
 ・   『「ノー!」と言う勇気があなたの人生を変える』近藤 裕
 ・   『こんなとき、どういえばいいの?』ポール・コールマン
 ・   『なるにはBOOKS 116 ジョッキー・調教師になるには』赤尾秀子
 ・   『中学生・高校生のための仕事ガイド』進路・就職研究会
 ・   『女の子に贈る なりたい自分になれる本』上野千鶴子
 ・   『日本の苗字30000』新人物往来社
 ・   『春夏秋冬 えごよみ事典』平凡社
 ・   『盲導犬ベルナ物語』郡司ななえ
《数学・生物・医学》
 ・   『「単位」がわかる』高田誠二
 ・   『雨の事典』レインドロップス
 ・   『桜信仰と日本人』田中秀明
 ・   『サクラと日本人ノート』安藤 潔
 ・   『川とヨーロッパ』保屋野初子
 ・   『電池が切れるまで』すずらんの会
 ・   『病んだ心は身体で訴える』森 崇
 ・   『みんなの知りたい遺伝のはなし』藤田 潤
 ・   『多重人格者の心の内側の世界』バリー・M・コーエン
《環境・技術・料理》
 ・   『ガウディ 建築家の見た夢』フィリップ・ティエボー
 ・   『水辺の土木』INAXギャラリー企画委員会
 ・   『粗食は大敵』鈴木敦士
 ・   『おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと。』池川 明
《産業》
 ・   『イラスト図解 農業のしくみ』有坪民雄
 ・   『知っておきたい地上デジタル放送』NHK受信技術センター
 ・   『アイデアをいただいてしまえ』スチーブ・リプキン
《芸術・スポーツ》
 ・   『新 映画でまなぶ世界史 1』家長知史
《言語・文章》
 ・   『すかれる女性の「ものの言い方」』赤羽建美
 ・   『常識やぶりの日本語文章術』松永暢史
《詩歌・小説・エッセイ》
 ・   『あなたが笑えばいい』竹内めぐみ
 ・   『逃亡作法』東山彰良
 ・   『女學校』岩井志麻子
 ・   『永遠の咎』永瀬隼介
 ・   『ユーモレスク』長野まゆみ
 ・   『緩やかな反転』新津きよみ
 ・   『リトル・バイ・リトル』島本理生
 ・   『ファイアボール・ブルース』桐野夏生
 ・   『リアル・ワールド』桐野夏生
 ・   『父よ母よ、僕は元気です』深見東洲
 ・   『あなたがそこにいるだけで』吉本由美
 ・   『あなた』乃南アサ
 ・   『年下の女友だち』林 真理子
 ・   『卵の緒』瀬尾まい子
 ・   『十七歳 生と死をみつめて』古賀梅子
 ・   『生きる者の記録』佐藤 健
 ・   『おかあさん、ごめんね』大沢逸美
 ・   『ジョニーになった父』谷村志穂
 ・   『お買物日記』谷村志穂×飛田和緒
 ・   『クラウディ』辻 仁成
 ・   『カイのおもちゃ箱』辻 仁成
 ・   『旅人の木』辻 仁成
 ・   『ガラスの天井』辻 仁成
 ・   『オープンハウス』辻 仁成
 ・   『ニュートンの林檎 上・下』辻 仁成
 ・   『鳩どもの家』中上健次
 ・   『十八歳、海へ』中上健次
 ・   『水の女』中上健次
 ・   『人体模型の夜』中島らも
 ・   『ぷるぷるぴいぷる』中島らも
 ・   『お父さんのバックドロップ』中島らも
 ・   『恋は底ぢから』中島らも
 ・   『上海少年』長野まゆみ
 ・   『殺しのバンカーショット』西村京太郎
 ・   『幻想と死の信越本線』西村京太郎
 ・   『環状線に消えた女』西村京太郎
 ・   『パリ・東京殺人ルート』西村京太郎
 ・   『アタシはジュース』延江 浩
 ・   『トーキョー国盗り物語』林 真理子
 ・   『嘘つきキッチン』花井愛子
 ・   『天然色』花井愛子
 ・   『夜明けの決心』花井愛子
 ・   『幻想曲』花井愛子
 ・   『ふたり時間』花井愛子
 ・   『ヴィヴィアンの素顔』花井愛子
 ・   『マーシャに』林 望
 ・   『女たちの忠臣蔵』橋田壽賀子
 ・   『渡る世間は鬼ばかり 2』橋田壽賀子
 ・   『できそこないの出来事』原田宗典
 ・   『本家スバラ式世界』原田宗典
 ・   『すんごくスバラ式世界』原田宗典
 ・   『怪笑小説』東野圭吾
 ・   『分身』東野圭吾
 ・   『T型フォード殺人事件』広瀬 正
 ・   『包帯をまいだイヴ』冨士本由紀
 ・   『植物性恋愛』松本侑子
 ・   『こんな私が看護婦してる』宮子あずさ
 ・   『看護婦だからできること』宮子あずさ
 ・   『はるかなる町』三木 卓
 ・   『金沢発寝台特急「北陸」13分の殺意』峰 隆一郎
 ・   『別府発寝台特急「富士」45分の殺意』峰 隆一郎
 ・   『昭和歌謡大全集』村上 龍
 ・   『エクスタシー』村上 龍
 ・   『ニューヨーク・シティ・マラソン』村上 龍
 ・   『はじめての夜二度目の夜最後の夜』村上 龍
 ・   『キスまでの距離』『もう一度デジャ・ヴ』『野生の風』村山由佳
 ・   『コックサッカーブルース』村上 龍
 ・   『ラッスルズホテル』村上 龍
 ・   『もう一度デジャ・ヴ』村山由佳
 ・   『野生の風』村山由佳
 ・   『ハンサム・ガールズ』森 瑤子
 ・   『結婚の美学』森 瑤子
 ・   『傷』森 瑤子
 ・   『ジゴロ』森 瑤子
 ・   『夜光虫』森 瑤子
 ・   『消えたミステリー』森 瑤子
 ・   『京舞妓殺人事件』山村美沙
 ・   『あなたには帰る家がある』山本文緒
 ・   『15歳のポケット』山田かまち
 ・   『遥かなるわが町 上・下』山田洋次
 ・   『キスよりもせつなく』唯川 恵
 ・   『シフォンの風』唯川 恵
 ・   『彼女は恋を我慢できない』唯川 恵
 ・   『OL10年やりました』唯川 恵
 ・   『夢の浮橋殺人事件』和久俊三
 ・   『女検事の涙は乾く』和久俊三
 ・   『公園通りの午後』渡辺淳一
 ・   『うたかた 上・下』渡辺淳一
 ・   『それは言わない約束でしょ?』わかぎえふ
 ・   『7月4日に生まれて』ロン・コビック
 ・   『おばちゃまはアフリカ・スパイ』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまはヨルダン・スパイ』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまはサーカス・スパイ』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまはサファリ・スパイ』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまはアルペン・スパイ』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまは東欧スパイ』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまは香港スパイ』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまはアラブ・スパイ』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまはシチリア・スパイ』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまは飛び入りスパイ』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまはハネムーン』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまはシルクロード』ドロシー・ギルマン
 ・   『おばちゃまはイスタンブール』ドロシー・ギルマン
 ・   『人形は見ていた』ドロシー・ギルマン
 ・   『クローゼットの中の修道女』ドロシー・ギルマン
 ・   『捜査官ケイト』ローリー・R・キング
 ・   『愛は雷鳴にのって』ジャネット・ディリー
 ・   『愛は野生に燃えて』ジャネット・ディリー
 ・   『ニコルの青春記』C・W・ニコル
 ・   『バースの日記』ランディ・バース
 ・   『蟻工場』イアン・バンクス
 ・   『リメンバー・ミー 1・2・3』クリストファー・パイク
 ・   『ザ・リスト 上・下』スティーブ・マルティニ
 ・   『イタリアの幸福の12か月』タカコ・H・メロジー
 

新刊図書案内
平成15年 7月17日 Vol.17
熊本国府高等学校図書館
 夏休みを目の前にして、なかなか梅雨が明けてくれません。
 予報では今月末になるとか・・・。暑い夏はもうすぐです。今月は山ほど本をご紹介します!

《総記・雑学
 ・ 『いわせてもらおう 1・2』朝日新聞日曜版編集部
 ・ 『頭にやさしい雑学読本 2・7』竹内 均
 ・ 『続 マーフィーの法則』日本マーフィー研究会
《哲学・宗教・心理学》 
 ・ 『心理学ってどんなもの』海保博之
 ・ 『誕生曜日占い』岡野 猛
 ・ 『異例の書・君子訓』貝原益軒《歴史・地理》
 ・ 『世界と日本の大図解』総合情報アクセス
 ・ 『美智子さま 雅子さま 愛子さま』松崎敏彌
 ・ 『赤い盾 上・下』広瀬 隆 ・ 『小京都物語』日弃貞夫
 ・ 『スイスの城とワインの旅物語』井上宗和
 ・ 『セーヌ河物語 神と栄光と幻想の旅』三輪晃久
 ・ 『ドイツ古城街道物語』橘川 真
 ・ 『モロッコ物語』秋本和彦

《法律・仕事・学校・家庭》
 ・ 『日本国憲法が驚くほどよくわかる本』西 修
 ・ 『少年魂』堀田 力
 ・ 『日本のすがた 2003』矢野恒太郎記念会
 ・ 『自己分析からはじめる就職活動』菊池信一
 ・ 『一気にわかる民族と紛争』江波戸 昭
 ・ 『図説 世界の紛争地域』橋本光平
 ・ 『祭りで選ぶ 世界の旅』ロム・インターナショナル
 ・ 『60歳からを楽しむ情報集』生活情報研究会
 ・ 『民族 世界地図』浅井信雄
 ・ 『わたしたちの手話(4)』手話研究委員会
 ・ 『たのしい手話』東洋出版編集部内手話研究会
 ・ 『手話の本 2・3』井崎哲也
 ・ 『手話の本 1・2』井崎哲也
 ・ 『できる管理職はここが違う』片野鐘太郎
 ・ 『韓国の怪奇民話』柳 尚煕
 ・ 『若手をのばす研修ゲーム』美濃一朗
 ・ 『女性のための航空地上職ガイド』月刊スチュワーデスマガジン
 ・ 『日本点字表記法概説』山口芳夫
 ・ 『葬儀・法要の知識百科』横山 潔
 ・ 『日本国勢図会 2003/04』矢野恒太記念会
 ・ 『葬儀・法要のあいさつ』藤村英和
 ・ 『笑う入試問題』新保信長
 ・ 『子どもをとりまく問題と教育 2・4・9・11・13』多田俊文 他
 ・ 『新版 教師のちょっとした文書・手紙の書き方』飯田 稔
 ・ 『新版 教師のちょっとしたマナーと常識』飯田 稔
 ・ 『クローズアッブ現代 2002』「NHKクローズアップ現代」制作班

《生物・数学・医学》
 ・ 『日本の暦と歳時記』新人物往来社
 ・ 『零の発見』吉田洋一
 ・ 『新世界絶滅危機動物図鑑 1〜6』学研
 ・ 『よくわかる天気図の読み方・考え方』土屋 喬
 ・ 『本当の病気になる前に読む病気の本』今村栄三郎
 ・ 『日本の山菜』高橋秀男
 ・ 『自然をつかむ7話』木村龍治
 ・ 『筋ジストロフィーの高校生、宇宙を学ぶ』千頭一郎
 ・ 『千石先生の動物ウォッチング ガラパゴスとマダガスカル』千石正一
 ・ 『物理のトビラをたたこう』阿部龍蔵《環境・技術・料理》
 ・ 『やさしい手作り12か月』山本久美子
 ・ 『ミセスが考えたふだん着』文化出版局
 ・ 『サマンサ』原 実 ・ 『英国スタイルの部屋』ヴィクトリア編集部
 ・ 『新こぎん刺繍入門』木村 操
 ・ 『木で作るカントリー小もの』野田恭子
 ・ 『5分間でできる大活躍のコットン・バッグ』野田恭子
 ・ 『布で作る可愛い小もの』小刈米ヰ子
 ・ 『余り布で作る小物』内藤 朗
 ・ 『ミシンで縫うバッチワークキルト』内藤 朗
 ・ 『シーイングテキスト』JUNIE編集部
 ・ 『てぬいでできる赤ちゃん服と小物』高橋恵美子
 ・ 『和の手作り雑貨』陸名文男
 ・ 『和キルト』瀬戸信昭
 ・ 『はじめてのカントリードール』陸名文男
 ・ 『泣き笑いパジャマ初体験』瀬戸信昭
 ・ 『住まいの手入れ』小笠原衣子
 ・ 『不器用な人でもできるわが家の修繕術』内藤 朗
 ・ 『リフォームに成功する本』ニューハウス出版
 ・ 『上手な和食器選び』志の島 忠
 ・ 『お皿の上の自由な時間』川久保理恵
 ・ 『クニエダヤスエ 和の食卓』クニエダヤスエ
 ・ 『カーリーおばさんのアメリカ家庭料理』カーリー西條
 ・ 『マリールイーズおばさんのプロヴァンス料理』マリールイーズ・モレ
 ・ 『マリジェンヌの家庭料理』木原千春&LEO
 ・ 『とっておきの韓国・朝鮮料理』ジョン・キョンファ
 ・ 『インド・スパイス料理』レヌ・アロラ
 ・ 『JUST LOOK JUST COOK 3・4』COOK N.E.T. WORK
 ・ 『パリっ子のお気に入り キッシュ』渡辺早苗
 ・ 『テリーヌとパテ』デニオ朗子
 ・ 『薬膳と健康料理 1・3・4』追立久夫
 ・ 『誰でもカンタンに作れる漬もの』内藤 朗
 ・ 『魚料理』ヒアレー・ウォルテン
 ・ 『やさしい魚のおかず』岩城 葵
 ・ 『イタリアン アウトドア・クッキング』室井克義
 ・ 『野外料理のレシピ集』菅井康司
 ・ 『お弁当づくり一年生』有元葉子
 ・ 『園児のワーイ!ワイおべんとう』瀬戸信昭
 ・ 『子どもが主役のパーティーの本』石原洋子
 ・ 『四季をいろどるおもてなし料理』山本礼子
 ・ 『おいしいチョコレートの本』旭屋出版書籍編集部
 ・ 『遊び心いっぱいのスナックとおつまみ』田口成子
 ・ 『いつものおやつ』春山みどり
 ・ 『おばあちゃん伝授の大正ロマン ハイカラおやつ』岩崎藤子
 ・ 『みんなで囲むあったか鍋料理』内藤 朗
 ・ 『西井郁のハーブ料理』西井 郁
 ・ 『存分に恵みの食卓』辻 協
 ・ 『プロ調理の基本〔デリカ〕』辻調理師専門学校
 ・ 『体にいいおかず』ベターホーム協会
 ・ 『夕餉のひと品 365日』岡本信弘
 ・ 『〔知的料理講座〕高級惣菜料理料理入門 第2集』サライ
 ・ 『すぐにごはんの手間なしクッキング』村上祥子
 ・ 『レンジでチン!』荻原美紀
 ・ 『働く女性のおかずマニュアル』有元葉子
 ・ 『これはうまい!家庭でできるプロの味』斉藤辰夫
 ・ 『やさしく作れるお料理手本』田中伶子
 ・ 『ムーミンママのお料理の本』サミ・マリラ
 ・ 『元気になるスパイスクッキング』高山なおみ
 ・ 『こだわりの料理読本』清水 虔
 ・ 『たけだみりこの極楽ゴハン』たけだみりこ
 ・ 『低カロリーの一皿料理』飛石なぎさ
 ・ 『"たいめいけん"の洋風おかず』茂出木雅章
 ・ 『シンブルがおいしい』有元葉子
 ・ 『今夜のおかずでもう一杯』松本忠子
 ・ 『振袖・着こなしとヘアースタイル』福地義彦
 ・ 『創作くだもの料理』家中あい
 ・ 『くだものの本』草柳大蔵
 ・ 『新・野菜で免疫力をたかめる』渡邊 昌
 ・ 『伝統野菜で旬を食べる』丹野 清
 ・ 『いのちをいつくしむ新家庭料理』辰巳芳子

《産業・交通・農業》
 ・ 『お菓子といっしょに紅茶の本』プラネット・ライブラリー

《芸術・スポーツ》
 ・ 『選手たちを動かした感動の手紙』原 辰徳
 ・ 『レイアウト ひらめき事典』レナード・コレン
 ・ 『はじめての和楽器』石川憲弘《言語・文章》
 ・ 『おっと合点承知之助』齋藤 孝
 ・ 『はじめての主賓・来賓のスピーチ』西部昭成
 ・ 『ドイツ・会話と暮らしのハンドブック』渡辺・レグナー・嘉子
 ・ 『ボランティア英語のすすめ』篠田顕子
 ・ 『司会のしかたと実際話法』坂川山輝夫
 ・ 『小論文トレーニング』貝田桃子
 ・ 『スペイン人が日本人によく聞く100の質問』原 誠
 ・ 『スペイン語会話集』泰流社編集部
 ・ 『アメリカ旅行「使える」キーワード』アンドリュー・ホルバート
 ・ 『英熟語が1週間で愉しみながら身につく本』松岡弘泰
 ・ 『日本人に共通する書く英語の弱点』ボブ・ヤンポルスキー
 ・ 『3語で通じる英語術』小野田博一
 ・ 『日本人に共通する英単語使い分けの弱点』染矢正一

《詩歌・小説・エッセイ》
 ・ 『私たちの愛』田原総一郎
 ・ 『「黒部川」殺意の峡谷』生田直親
 ・ 『東京地検特捜部』姉小路 祐
 ・ 『野獣は甦える』大藪春彦
 ・ 『哀愁変奏曲』赤川次郎
 ・ 『弟』石原慎太郎
 ・ 『ロスト・ストーリ』伊藤たかみ
 ・ 『後番寺の滝』岩松 了
 ・ 『神の子の接吻』有為エンジェル
 ・ 『「紫の女」殺人事件』内田康夫
 ・ 『藍色回廊殺人事件』内田康夫
 ・ 『氷雪の殺人事件』内田康夫
 ・ 『皇女の霊柩』内田康夫
 ・ 『ホリー・ガーデン』江國香織
 ・ 『処刑列車』大石 圭
 ・ 『異人たちの館』折原 一
 ・ 『球形の季節』恩田 陸
 ・ 『憂愁の妃将軍』芽田砂胡
 ・ 『瓶詰めの過去』日下圭介
 ・ 『証人は猫』日下圭介
 ・ 『蛇を踏む』川上弘美
 ・ 『天使のリール』喜多嶋 隆
 ・ 『青猫屋』城戸光子
 ・ 『柔らかな頬』桐野夏生
 ・ 『OUT』桐野夏生
 ・ 『母子像』近藤啓太郎
 ・ 『殺したい女』笹沢佐保
 ・ 『情事の情事』佐野 洋
 ・ 『小説 兜町』清水一行
 ・ 『重役室』清水一行
 ・ 『買占め』清水一行
 ・ 『背信重役』清水一行
 ・ 『バニシングポイント』佐藤正午
 ・ 『美男忠臣蔵』鈴木輝一郎
 ・ 『いぬ馬鹿』戸川幸夫
 ・ 『神津恭介の回想』高木彬光
 ・ 『ホラー・マーケット』田島照久
 ・ 『オン・ハッピネス』田中康夫
 ・ 『パッサジオ』辻 仁成
 ・ 『白い屋根の家』藤堂志津子
 ・ 『せつない時間』藤堂志津子
 ・ 『ニューヨーク遥かなり』常盤新平
 ・ 『日本推理作家協会賞受賞作全集 2・4・5・7・14・18』木々高太郎 他
 ・ 『豆畑の夜』中沢けい
 ・ 『ジャンゴ』花村萬月
 ・ 『空夜』帚木蓮生
 ・ 『樫の木のテーブル』林 京子
 ・ 『怪談』林 真理子
 ・ 『プラハの春』春江一也
 ・ 『屍の聲』坂東眞砂子
 ・ 『私はウサギ』ひかわ玲子
 ・ 『ペン』引間 徹
 ・ 『11月そして12月』樋口有介
 ・ 『星の国のアリア』ひのまどか
 ・ 『お夏清十郎』平岩弓枝
 ・ 『不思議な体験』比留間久夫
 ・ 『不随の家』広谷鏡子
 ・ 『涼月記』藤 水名子
 ・ 『ジェラシー』藤 水名子
 ・ 『雲さわぐ』藤井素介
 ・ 『けだるい無性』富士本由紀
 ・ 『セミの追憶』古山高麗男
 ・ 『草の上の朝食』保坂和志
 ・ 『プレゼント』松本さゆり
 ・ 『晏子 上・中・下』宮城谷昌光
 ・ 『ダンサー』村松友視
 ・ 『マリカの永い夜・バリ夢日記』吉本ばなな
 ・ 『ぼくらが語り合った7日間』川田龍平
 ・ 『小川未明童話集』小川未明
 ・ 『賢治先生』長野まゆみ
 ・ 『名探偵水乃紗杜瑠の大冒険』二階堂黎人
 ・ 『日蝕』平野啓一郎
 ・ 『錦繍』宮本 輝
 ・ 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド 上・下』村上春樹
 ・ 『神様のボート』江國香織
 ・ 『ホリー・ガーデン』江國香織
 ・ 『ビタミンF』重松 清
 ・ 『りかさん』梨木香歩
 ・ 『涙 上・下』乃南アサ
 ・ 『七つの怖い扉』阿刀田 高
 ・ 『海峡』伊集院 静
 ・ 『屍鬼 1〜5』小野不由美
 ・ 『おめでとう』川上弘美
 ・ 『リセット』北村 薫
 ・ 『ローマ人の物語 1・2』塩野七生
 ・ 『少年H 上・下』妹尾河童
 ・ 『リヴィエラを撃て 上・下』高村 薫
 ・ 『溺れる魚』戸梶圭太
 ・ 『しあわせの葉っぱ』おーなり由子
 ・ 『「さよなら」が知ってるたくさんのこと』唯川 恵
 ・ 『いつかあなたと忘れる日まで』唯川 恵
 ・ 『ボクの音楽武者修行』小澤征爾
 ・ 『両手いっぱいの言葉』寺山修司
 ・ 『心がだんだん晴れてくる本』中山庸子
 ・ 『村上ラヂオ』村上 龍
 ・ 『海からの贈物』リンドバーグ夫人
 ・ 『九十九十九』舞城王太郎
 ・ 『あの人が来る夜』高橋三千綱
 ・ 『夢を叶える夢を見た』内館牧子
 ・ 『活字としての中国古典』守屋 洋
 ・ 『カリフォルニア・ブルー』デイヴィッド・クラース
 ・ 『ドリーム・ライク・マイン』M・T.ケリー
 ・ 『アクシデント 上・下』ダニエル・スティール
 ・ 『私は別人 上・下』シドニィ・シェルダン
 ・ 『バトルロイヤル』サミュエル・フラー
 ・ 『そして赤ん坊が落ちる』マイクル・Z.リューイン
 ・ 『沈黙の闘い』マージョリー・ウォレス
 ・ 『マザー・グース 1・2』W・S.ベアリングールド
 ・ 『ファイアハウス』デイヴィッド・ハルバースタム
 ・ 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』J・D・サリンジャー
 ・ 『ナタリーはひみつの作家』アンドリュー・クレメンツ
 ・ 『あの空をおぼえてる』ジャネット・リー・ケアリー
 ・ 『アルネの遺品』ジークフリート・レンツ
 ・ 『魔法があるなら』アレックス・シアラー
 ・ 『よく見る夢 上・下』シドニィ・シェルダン
 ・ 『光草―ストラリスコー』ロベルト・ピウミーニ
 ・ 『木を植えた男』ジャン・ジオノ
 ・ 『種をまく人』ポール・フライシュマン
 ・ 『密告者』ジェラルド・シーモア
 ・ 『幼児虐待調査官』アビゲイル・パジェット
 ・ 『アメリカを狙え』デヴ・ストライカー
 ・ 『第三の嘘』アゴダ・クリストフ
 ・ 『エミリー・L』マルグリッド・デュラス
 ・ 『サラ・ベルナール』フランソワーズ・サガン
 ・ 『魔力』トニイ・ヒラーマン
 ・ 『殺し屋の息子』トマス・ペリー
 ・ 『扉』ジャネット・フィッチ
 ・ 『ミザリー』スティーブン・キング
 ・ 『隣の芝生』B・デリンスキー
 ・ 『白い犬とワルツを』テリー・ケイ
 ・ 『ナイン・ストーリーズ』サリンジャー
 ・ 『幸福の王子』ワイルド
 

新刊図書案内
平成15年 9月22日 Vol.18
熊本国府高等学校図書館
 思わせぶりな台風も、ほとんど被害をもたらすこともなく去っていき、少しずつ秋らしくなって
きました。日中こそはまだまだ暑さが残っているものの、朝夕の風には秋の香りが含まれて
います。二学期は行事が目白押し。またみんなで楽しい学校生活を送りましょう。
 夏休みに新しく入った図書をご紹介します。

《総記・雑学》
 ・ 『子どもの涙』徐 京植
《哲学・宗教・心理学》
 ・ 『生き方を変える大法則』大野 裕
 ・ 『私のギリシャ神話』阿刀田 高
《歴史・地理》
 ・ 『勇気の一瞬』夫 址榮
 ・ 『古代ギリシアの戦い』ヴィクター・ディヴシ・ハンセン
 ・ 『古代ローマの戦い』エイドリアン・ゴールズワーシー
 ・ 『看守が隠し撮っていた巣鴨プリズム未公開フィルム』
 ・ 『北朝鮮飢餓ルポ』安 哲
 ・ 『「南京大虐殺」日本人48人の証言』阿羅健一
 ・ 『祖国を棄てた女 北朝鮮亡命女性の証言』月刊朝鮮
 ・ 『美智子皇后「40年の心模様」』
 ・ 『日本人はビックリ!韓国人の日本偽史』野平俊水
 ・ 『少年時代』ジミー・カーター
 ・ 『ダイアナ妃物語』マーク・セラシニ
《法律・仕事・学校・家庭》
 ・ 『あなたの個人情報が危ない!』櫻井よしこ
 ・ 『拉致家族「金正日との戦い」全軌跡』佐藤勝巳
 ・ 『「反日韓国」に未来はない』呉 善花
 ・ 『子どもを伸ばす心理学』和田秀樹
 ・ 『小さな手、折れた翼』落合恵子
 ・ 『人が人らしく生きるために人権を考える本 1 医療・消費者と人権』鈴木利廣
 ・ 『人が人らしく生きるために人権を考える本 2 子ども・障害者と人権』坪井節子
 ・ 『人が人らしく生きるために人権を考える本 3 公害・環境と人権』馬奈木昭雄
 ・ 『人が人らしく生きるために人権を考える本 4 女性・戦争と人権』角田由紀子
 ・ 『人が人らしく生きるために人権を考える本 5 労働者とその生命と人権』徳住堅治
 ・ 『人が人らしく生きるために人権を考える本 6 情報・報道と人権』小野寺信一
 ・ 『人が人らしく生きるために人権を考える本 7 外国人・警察と人権』石田武臣
《生物・数学・医学》
 ・ 『あぶない食品』溝口 敦
 ・ 『続 あぶない食品』溝口 敦
 ・ 『石原良純のこんなに楽しい気象予報士』石原良純
 ・ 『ここまでわかったボケる人ボケない人』フレディ松川
 ・ 『ダダモ博士の血液型健康ダイエット』ピーター・J・ダダモ
《産業・交通・農業》
 ・ 『ここが知りたい 交通違反・裁判まるわかり』今井亮一
 ・ 『これが「週刊こどもニュース」だ』池上 彰
《芸術・スポーツ》
 ・ 『爆笑問題の世紀末のジグゾーパズル』爆笑問題
 ・ 『小出義雄 夢にかける』満薗文博
 ・ 『大事なことはみ〜んな猫に教わった』スージー・ベッカー
 ・ 『オリンピックに奪われた命 円谷幸吉30年目の新証言』橋本克彦
 ・ 『芸能博物館』山田美保子《詩歌・小説・エッセイ》
 ・ 『ディファレント・ウォー 上・下』クレイグ・トーマス
 ・ 『1812 初版グリム童話 上・下』グリム兄弟」
 ・ 『友情・愛情・ああ無情』山田美保子
 ・ 『外来東病棟』江川 晴
 ・ 『老人病棟』江川 晴
 ・ 『暴走爺』原 宏一
 ・ 『禁じられたソナタ 上・下』赤川次郎
 ・ 『職員室』平岡 大
 ・ 『幸せは褒められた数・愛される量』武田鉄矢
 ・ 『イボ記』西沢雅野
 ・ 『ジョンQ 最後の決断』西荻弓絵
 ・ 『男は謀略 女は知略』内館牧子
 ・ 『母恋旅烏』荻原 浩
 ・ 『黒田如水』童門冬二
 ・ 『プレゼント』伊集院 静
 ・ 『吉良の言い分 上・下』岳 真也
 ・ 『コスメティック』林 真理子
 ・ 『僕のこと、好きですか』西村雅彦
 ・ 『さくらこ ももこ わが逝きし子らよ』赤井英和
 ・ 『「仕切り上手」の法則』麻木久仁子
 ・ 『千里眼 ミドリの猿』松岡圭祐
 ・ 『発表「母と私」』橋田壽賀子
 ・ 『チグリスとユーフラテス 上・下』新井素子
 ・ 『秘密のひととき』赤川次郎
 ・ 『地獄変』芥川龍之介
 ・ 『ああ言えばこう食う』阿川佐和子
 ・ 『ああ言えばこう嫁行く』阿川佐和子
 ・ 『プリズンホテル 1・2』浅田次郎
 ・ 『鉄道員』浅田次郎
 ・ 『活動寫眞の女』浅田次郎
 ・ 『きんぴか 1・2・3』浅田次郎
 ・ 『見知らぬ妻へ』浅田次郎
 ・ 『北安曇修羅の断崖』梓 林太郎
 ・ 『知床・羅臼岳殺人慕情』梓 林太郎
 ・ 『風炎連峰』梓 林太郎
 ・ 『来たアルプス殺人連峰』梓 林太郎
 ・ 『槍ヶ岳 幻の追跡』梓 林太郎
 ・ 『殺人山行 穂高岳』梓 林太郎
 ・ 『帝都探偵物語 1・2』赤城 毅
 ・ 『夜の果ての街 上・下』朝松 健
 ・ 『夜の仮面』愛川 晶
 ・ 『夜宴』愛川 晶
 ・ 『ますます奇妙にこわい話』阿刀田 高
 ・ 『奇妙にとってもこわい話』阿刀田 高
 ・ 『奇妙にこわい話』阿刀田 高
 ・ 『とびっきり奇妙にこわい話』阿刀田 高
 ・ 『やっぱり奇妙にこわい話』阿刀田 高
 ・ 『ちょっといやな話』井上ひさし
 ・ 『帰還』井上雅彦
 ・ 『幽霊船』井上雅彦
 ・ 『ロボットの夜』井上雅彦
 ・ 『夢魔』井上雅彦
 ・ 『玩具館』井上雅彦
 ・ 『浅見光彦のミステリー紀行 1・2・3・6・7・8』内田康夫
 ・ 『パレスチナから来た少女』大石直紀
 ・ 『紫の悪魔』響堂 新
 ・ 『鳩が来る家』倉阪鬼一郎
 ・ 『少女ライカ』喜多嶋 隆
 ・ 『ライカに願いを』喜多嶋 隆
 ・ 『恋じゃない』久美沙織
 ・ 『あの夏に戻れなくても』久美沙織
 ・ 『贅肉』小池真理子
 ・ 『ひぐらし荘の女主人』小池真理子
 ・ 『殺意の爪』小池真理子
 ・ 『未明の悪夢』谺 健二
 ・ 『聖龍伝説 1・2・3』田中光二
 ・ 『蒲田行進曲』つかこうへい
 ・ 『見知らぬわが子』夏樹静子
 ・ 『天使が消えてゆく』夏樹静子
 ・ 『ら抜きの殺意』永井 愛
 ・ 『耳猫風信社』長野まゆみ
 ・ 『日本ベストミステリー選集 28・29・30』日本推理作家協会
 ・ 『東北新幹線殺人事件』西村京太郎
 ・ 『夜間飛行殺人事件』西村京太郎
 ・ 『終着駅殺人事件』西村京太郎
 ・ 『京都感情旅行殺人事件』西村京太郎
 ・ 『北帰行殺人事件』西村京太郎
 ・ 『そばにいさせて』新津きよみ
 ・ 『彼女たちの事情』新津きよみ
 ・ 『イヴの原罪』新津きよみ
 ・ 『紫蘭の花嫁』乃南アサ
 ・ 『クロスファイア 上・下』宮部みゆき
 ・ 『鳩笛草』宮部みゆき
 ・ 『異国の窓から』宮本 輝
 ・ 『わかれの船』宮本 輝
 ・ 『葡萄と郷愁』宮本 輝
 ・ 『オレンジの壺 上・下』宮本 輝
 ・ 『スクール・ウォーズ』馬場信浩
 ・ 『殺人現場は雲の上』東野圭吾
 ・ 『長い長い殺人』宮部みゆき
 ・ 『眼中の悪魔』山田風太郎
 ・ 『向日葵は死のメッセージ』山村美紗
 ・ 『京都・バリ島殺人事件』山村美紗
 ・ 『妖樹 あやかしのき』夢枕 獏
 ・ 『機関車先生』伊集院 静
 ・ 『エンジェル』石田衣良
 ・ 『深川恋物語』宇江佐真生
 ・ 『薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木』江國香織
 ・ 『ネバーランド』恩田 陸
 ・ 『光の帝国』恩田 陸
 ・ 『騙し人』落合信彦
 ・ 『平面いぬ。』乙 一
 ・ 『夏と花火と私の死体』乙 一
 ・ 『がんばらない』鎌田 實
 ・ 『風裂』北方謙三
 ・ 『さるのこしかけ』さくらももこ
 ・ 『たいのおかしら』さくらももこ
 ・ 『もものかんづめ』さくらももこ
 ・ 『老残のたしなみ 日々是上機嫌』佐藤愛子
 ・ 『ボーダーライン』真保裕一
 ・ 『美人物語』島村洋子
 ・ 『開国ニッポン』清水義範
 ・ 『女たちのジハード』篠田節子
 ・ 『あきらめない人生』瀬戸内寂聴
 ・ 『松尾芭蕉集・与謝蕪村集』竹西寛子
 ・ 『楽老抄 ゆめのしずく』田辺聖子
 ・ 『千年旅人』辻 仁成
 ・ 『昔の恋人』藤堂志津子
 ・ 『救命センターからの手紙』浜辺祐一
 ・ 『大変結構、結構大変。』原田宗典
 ・ 『はらだしき村』原田宗典
 ・ 『プラハの春 上・下』春江一也
 ・ 『おれは非情勤』東野圭吾
 ・ 『白夜行』東野圭吾
 ・ 『虹の谷の五月 上・下』船戸与一
 ・ 『青雲はるかに 上・下』宮城谷昌光
 ・ 『R.P.G.』宮部みゆき
 ・ 『焚火の終わりに 上・下』宮本 輝
 ・ 『文体とパスの精度』中田英寿
 ・ 『働く女』群 よう子
 ・ 『雪の降る音』村山由佳
 ・ 『緑の午後』村山由佳
 ・ 『天然まんが家』本宮ひろ志
 ・ 『あなたへの日々』唯川 恵


新刊図書案内
平成15年10月20日 Vol.19
熊本国府高等学校図書館
 体育大会も終わって、ホッと一息つくヒマもなく中間考査、今月末には文化祭が行われます
ね。こんなに忙しい思いをするのも学生時代ならでは・・・。大いに楽しみましょう。


《歴史・地理》
 ・ 『古代エジプト神殿大百科』リチャード・H・ウィルキンソン
 ・ 『日本とのつながりで見るアジア 1 東アジア機拊臠 宏
 ・ 『日本とのつながりで見るアジア 2 東アジア供拗称ぁ々
 ・ 『日本とのつながりで見るアジア 3 東南アジア機挂畋執┛賚
 ・ 『日本とのつながりで見るアジア 4 東南アジア供抓愃秋雄
 ・ 『日本とのつながりで見るアジア 5 南アジア』大橋正明
 ・ 『日本とのつながりで見るアジア 6 西アジア』清原 工
 ・ 『日本とのつながりで見るアジア 7 オセアニア』石出法太
 ・ 『目でみる世界の国々 53 中国』ファインスタイン、ステファン・C
 ・ 『目でみる世界の国々 54 カンボジア』コールマン、ロリ
 ・ 『目でみる世界の国々 55 ハンガリー』ストライスクス、トム
 ・ 『目でみる世界の国々 56 イラン』ロジャース、メアリー・M
 ・ 『目でみる世界の国々 57 エチオピア』アベベ、ダニエル
 ・ 『目でみる世界の国々 58 アルゼンチン』ブラットゴルド、グレッチェン
 ・ 『目でみる世界の国々 59 アフガニスタン』ロジャース、メアリー・M
 ・ 『目でみる世界の国々 60 イラク』ロジャース、メアリー・M
 ・ 『目でみる世界の国々 61 シリア』フィルビン、ダン
 ・ 『目でみる世界の国々 62 アルバニア』ストライスグス、トム
 ・ 『目でみる世界の国々 63 スイス』ロールマン、ロリ
 ・ 『目でみる世界の国々 64 台湾』ロジャース、メアリー・M
 ・ 『完全制覇 鎌倉幕府』鈴木 亨
 ・ 『完全制覇 女帝の世紀』楠戸義昭
 ・ 『完全制覇 関ヶ原大合戦』外川 淳
 ・ 『完全制覇 世界史』川村 亮
 ・ 『完全制覇 日本史』武光 誠
 ・ 『完全制覇 戦国時代』河合 敦
 ・ 『完全制覇 戦国合戦史』外川 淳
 ・ 『完全制覇 幕末時代』外川 淳
 ・ 『完全制覇 古代大和朝廷の謎』関 裕二
 ・ 『完全制覇 新選組』山村竜也
《法律・仕事・学校・家庭》
 ・ 『21世紀をつくる国際組織事典 1平和にかかわる国際組織』こどもくらぶ
 ・ 『21世紀をつくる国際組織事典 2人権・人道にかかわる国際組織』こどもくらぶ
 ・ 『21世紀をつくる国際組織事典 3開発・食料にかかわる国際組織』こどもくらぶ
 ・ 『21世紀をつくる国際組織事典 4 保健・医療にかかわる国際組織』こどもくらぶ
 ・ 『21世紀をつくる国際組織事典 5 環境にかかわる国際組織』こどもくらぶ
 ・ 『21世紀をつくる国際組織事典 6 科学・技術にかかわる国際組織』こどもくらぶ
 ・ 『21世紀をつくる国際組織事典 7 文化・教育にかかわる国際組織』こどもくらぶ
 ・ 『イルカにあいたい』こやま峰子
 ・ 『ハニーが盲導犬になるまで』キャロライン・アーノルト
 ・ 『じゆうのつばさ』葉 祥明 ・ 『とどまることなく』アン・ロックウェル
 ・ 『キング牧師の力づよいことば』ドリーン・ラパポート
《環境・技術・料理》
 ・ 『お菓子の基本図鑑』大阪あべの辻製菓専門学校
《芸術・スポーツ》
 ・ 『日本の楽器 日本の音 1 打楽器』高橋秀雄
 ・ 『日本の楽器 日本の音 2 弦楽器』高橋秀雄
 ・ 『日本の楽器 日本の音 3 管楽器』高橋秀雄
 ・ 『日本の楽器 日本の音 4 歌・合奏』高橋秀雄
 ・ 『日本の楽器 日本の音 5 歴史』高橋秀雄
 ・ 『日本の楽器 日本の音 6 理論』高橋秀雄
《言語・文章》
 ・ 『辞典 <新しい日本語>』井上史雄
《詩歌・小説・エッセイ》 
 ・ 『ルナ』三島浩司
 ・ 『天使よはばたけ』川津祐介
 ・ 『イヴの憂鬱』唯川 恵
 ・ 『めまい』唯川 恵
 ・ 『病む月』唯川 恵
 ・ 『シングル・ブルー』唯川 恵
 ・ 『シュガーレス・ラヴ』山本文緒
 ・ 『落花流水』山本文緒
 ・ 『源氏に愛された女たち』渡辺淳一
 ・ 『めぐり逢う時はふたたび』デボラ・スミス
 ・ 『封印された愛の闇を 上・下』サンドラ・ブラウン
 ・ 『動物物語』J・ヘリオット
 ・ 『ラーラはただのデブ』シェリー・ベネット
 ・ 『スキャンダル』ローラ・V・ウォーマー
 ・ 『魔女が丘』マーカス・セジウィック
 ・ 『魔女の血をひく娘』セリア・リーズ
 ・ 『愛と残酷のギリシア神話』桐生 操
 ・ 『きれいなお城の残酷な話』桐生 操
 ・ 『眠れぬ夜の恐ろしい話』桐生 操
 ・ 『優雅で残酷な悪女たち』桐生 操
 ・ 『めぐり逢いは永遠に 上・下』D・モンタギュー
 ・ 『こころのチキンスープ 1・2・3』ジャック・キャンフィールド
 ・ 『堕ちる人形』ヒルダ・ローレンス ・ 『眼の壁』マーガレット・ミラー
 ・ 『見えない蜘蛛の巣』C・アームストロング
 ・ 『ノックは無用』C・アームストロング
 ・ 『極上の死』ネヴァダ・バー
 ・ 『死を運ぶ風』ネヴァダ・バー
 ・ 『帰ってこない女』メアリ・ロバーツ・ラインハート
 ・ 『ハリウッド・ボウルの殺人』ラウル・ホイットフィールド
 ・ 『愛と疑惑の間に』ヴェラ・キャスパリ
 

新刊図書案内
平成15年11月12日 Vol.20
熊本国府高等学校図書館
 学校行事も一段落して、少しづつ落ち着きを取り戻してきました。太陽の光も日に日に優しく
なっていきます。深まりゆく秋を感じながら、静かに本を読むのもいいでしょう。読書の秋とも
言いますし・・・。今月は期末考査がありますね。

《総記・雑学》
 ・ 『「人権」報道 書かれる立場書く立場』読売新聞社
 ・ 『今さら人に聞けないパソコンの常識 インターネット編』第二I/O編集部
 ・ 『本ができるまで』岩波書店編集部
《哲学・宗教》
 ・ 『なにも願わない手を合わせる』藤原新也
 ・ 『武士道のことが面白いほどわかる本』山本博文
《歴史・地理》
 ・ 『写真記録 パレスチナ 1 激動の中東35年』広河隆一
 ・ 『写真記録 パレスチナ 2 消えた村と家族』広河隆一
 ・ 『タイガー・ウッズ物語』S・A・クレーマー
 ・ 『ベルリン 1933』クラウス・コルドン
 ・ 『テーマで読む韓国の20世紀』韓 民
 ・ 『ホワイト・アウトの世界で』高野孝子
 ・ 『一億人青春18きっぷの旅』小林克己
 ・ 『歴史がわかれば世界がわかる』現代用語検定協会
 ・ 『神風特攻隊員になった日系二世』今村茂男
 ・ 『日本人はなぜかくも卑屈になったのか』岸田 秀
 ・ 『DIANA 王室警護官が見た「英国のバラ」の秘密』ケン・ウォーフ
《法律・仕事・学校・家庭》
 ・ 『おとなを休もう』石川文子
 ・ 『日朝条約への市民提言』石坂浩一
 ・ 『韓国と日本、二つの祖国を生きる』河 正雄
 ・ 『Q&A 在日韓国・朝鮮人問題の基礎知識』仲尾 宏
 ・ 『北朝鮮本をどう読むか』和田春樹
 ・ 『盲導犬クイールの一生』石黒謙吾
 ・ 『ボランティアに役立つはじめてであう点字 1 指から広がる世界』黒崎恵美子
 ・ 『ボランティアに役立つはじめてであう点字 2 点字のことば百科』黒崎恵美子
 ・ 『ボランティアに役立つはじめてであう点字 3 点字で学ぼう』黒崎恵美子
 ・ 『ボランティアに役立つはじめてであう点字 4 点字のひみつ』黒崎恵美子
 ・ 『ボランティアに役立つはじめてであう点字 5 バリアフリーをめざして』黒崎恵美子
 ・ 『少年法概説 第4版』菊田幸一
 ・ 『家裁調査官のスケッチブック』寺尾絢彦
 ・ 『裁かれる少年たち』井上博道
 ・ 『センスアップマナー事典』近藤珠實
《生物・数学・医学》
 ・ 『オランウータンの不思議社会』鈴木 晃
 ・ 『在宅で死ぬということ』押川真理子
 ・ 『化学と物理の基本法則』鈴木 皇
 ・ 『アロマテラピー マッサージ・ブック』クレア・マクスウェル=ハドソン
 ・ 『決定版 山の花 1200 山麓から高山まで』青山潤三
 ・ 『アルツハイマーを知るために』佐藤早苗
 ・ 『森田療法で読む パニック障害』北西憲二
《環境・技術・料理》
 ・ 『暮らしの水・社会の水』岡崎 稔
 ・ 『「食」で地域探検 1 米・麦の郷土料理』服部幸應
 ・ 『「食」で地域探検 2 豆・いもの郷土料理』服部幸應
 ・ 『「食」で地域探検 3 野菜の郷土料理』服部幸應
 ・ 『「食」で地域探検 4 魚・貝の郷土料理』服部幸應
 ・ 『「食」で地域探検 5 肉の郷土料理』服部幸應
 ・ 『「食」で地域探検 6 地域の保存食』服部幸應
《芸術・スポーツ》
 ・ 『ポストマン』村上 龍
 ・ 『英語でおりがみを楽しむ』高木 智
 ・ 『おりがみ生活小物』小林一夫
 ・ 『釣りに行こう』藤井克彦
《言語・文章
 ・ 『万葉ことば事典』青木生子
 ・ 『おじいちゃんの日本語教室』柴田 武
 ・ 『今どきのスピーチ大事典』現代スピーチマナー研究会
 ・ 『うまくなる!韓国語ステップ50』兼若逸之
 ・ 『日本語変換ハングル辞典』菊入直代
 ・ 『携帯版 韓国語会話とっさのひとこと辞典』金 裕鴻
 ・ 『理屈でわかる英語13文型』西村喜久
 ・ 『オフィスのセクレタリー英会話』宮川幸久
 ・ 『電話対応 かんたん英語フレーズ集』三修社編集部
 ・ 『中級の上をめざす英語トレーニング』永田 祥
 ・ 『翻訳入門 翻訳家になるための考え方と実践』辻谷真一郎
 ・ 『すぐにつかえる日本語−フランス語−英語辞典』小原耕一
 ・ 『通じる!使える!楽しくなる!5泊6日のフランス語会話』鈴木友美
《詩歌・小説・エッセイ》
 ・ 『レイクサイド』東野圭吾
 ・ 『いまからここから』相田みつを
 ・ 『小泉八雲 日本の心』和田久實
 ・ 『親のこころ』木村耕一
 ・ 『デウスの棄て児』嶽本野ばら
 ・ 『青春俳句をよむ』復本一郎
 ・ 『死なないで』井上 剛
 ・ 『くらのかみ』小野不由美
 ・ 『中山式「いいこと日記」をつけよう!』中山庸子
 ・ 『本田宗一郎に学んだホンダのヒトづくりモノづくり』亀山清隆
 ・ 『いのちの音が聞こえる』三宮麻由子
 ・ 『麻薬の運び屋にされて』長野智子
 ・ 『9.11N.Y. 息子からの伝言 テロでわが子を亡くして』白鳥晴弘
 ・ 『名もなきアフリカの地で』シュテファニ・ツワイク
 ・ 『エドウィン・マルハウス』スティーヴン・ミルハウザー



学校紹介へ 図書館案内へ No.1へ No2へ No.3へ 平成14年度へ
前のページへ